テレワーク、自宅で仕事をする人のための 仕事がはかどる自宅環境の整え方 

企業でもテレワークがだんだんと進められているように思います。ただ、家で仕事するには、いろいろハードルがあります。これからしばらく、「自宅で仕事をする」ためにどのように環境を整えていくかということについて書いていきたいと思います。

目次

集中力を邪魔するものをコントロールする

自宅で仕事をするときに、集中をじゃまするものがあります。
1つは宅急便。「ピンポーン」とベルが鳴ると、考えていることを一時中断しないといけません。
同じように、家の固定電話も鳴るとついついとってしまいます。そして、電話の内容はセールスのことが多いです。仕事場と生活の場が一緒のときには、会社とは違って自分で仕事をしやすい環境をととのえる必要があります。自宅で仕事をすると、宅急便を利用する機会も増えます。

宅急便の対策

  • 宅急便の時間指定ができるようなら、朝を避ける
  • なるべくまとめて受け取れるように計画する
  • 宅配ボックスを利用する
  • 宅配BOXがないマンションでも使える、宅配BOX代わりになる鍵付きのバックなどを利用する
  • それも難しいようなら、家のインターホンの音をなるべく小さくして気にしない

家のインターホンの音を小さくすると、宅配以外、セールス勧誘の時も有効です。会社に居たらインターホンの呼び出しに出ることはないので、仕事中は出ない、なるべくでなくてもいいようにできればいいですね。

 

電話の対策

  • 仕事の電話以外でない
  • 留守電にする
  • 仕事の電話も時間を決めてでる

 

時間を決めて対応するぐらいが、予定通りの仕事を進めるにはちょうどいいです。ついつい出てしまうと、別の用事代わりこんできてしまい結局したかった仕事が終わらないという状況になってしまうことがあります。ちょっとした工夫で集中タイムをつくることができますよ。

これからしばらくは、「自宅で仕事をする必要がある方に、機能的な面だけでなく、心理的、効率を上げる、そして感性も育む空間づくり」について、ブログやメルマガでお伝えしていきたいと思います。