こどもと美術館へ行こう 公園・プラネタリウムと一緒にたのしめる岡本太郎美術館 こども×アート

今回は、小学校1年男子と岡本太郎美術館(川崎市)へ行きました。

なかなか手強いこどもなので、今日のプランは、「かわさき宙と緑の科学館」で、プラネタリウムの鑑賞→そして、隣のカフェでお昼ごはん→「岡本太郎美術館」→プラネタリウム横のカフェ前の噴水で水遊び→アイスを買って帰る、というプランを立てました。美術館へは、そこまで興味のない小学校1年男子なので、遊びも入れて満足度を上げる作戦です。そこまでして美術館へ連れていく必要がある?と思われるかもしれません。半分私の趣味と、半分はこどもへのいい刺激になればと思っています。プラネタリウムから、セコイアの森を抜けて岡本太郎美術館が見えてきました。入り口の奥に見える像、とってもきになって先に見に行きました。近づくと、その像の大きいこと!!そして、気になるこどもは駆け出す!!

そして、何を思ったのか・・・お釈迦様のポーズ。なんか落ち着く場所のように感じたのでしょうか?そのあとは、美術館へ。受付の人に、何度も、何度も、「展示物はさわらないでください!」と入る前から話をされ、少し苦笑い。中に入ると、造形の作品が展示されていて、こどもは思わず手をだしてしまう気持ちもわからなくはない・と思いつつ。なので、途中座っている美術館の人に注意されないよう、こどもの手をしっかりにぎ前に進みました。

ある絵のところで、突然こどもが、「この絵はね・・・」と絵についての物語を話しはじめたので、びっくり!その絵は、ちょっと怖い感じの「森の掟」という作品です。「チャック怪人は、人を食べて、さるみたいなのは隠れている。宇宙人は、悲しい顔をできないから、笑いながら逃げてる。おもちゃの象は、ぼくの居場所がもうないと言っていて、人は逃げている・・・。」
こどもから語り始めるから、関心して聞いてしまいました。なので、帰りに 記念に絵はがきも飼いました。

その次に関心を持ったのは、岡本太郎さんが展示されている「遭遇」という絵と、それを実際に描いているときの映像です。
映像で塗られた場所を、実物の絵で「あそこを塗ってた」と確認しながら見ていました。
途中、岡本太郎さんの椅子が展示されていて、実際に座ったり、写真をとれる場所がありました。ここは触ってもいいので、こどもは大喜び。いろんな椅子を座り比べていました。特に手の椅子が気に入った様子でした。その後に、彫刻の作品が並んでいました。同じ場所に、子ども達がつくった「太陽の塔」の作品も並んでいてました。

それを見て、「自分もつくりたい!」と言ったので、夏休みの自由研究はこれがいいかも?!なんて思いました。岡本太郎さんの彫刻や絵画をみて、「自分の塔」をつくる。こどもが悩んでいたらこれをすすめようと思います。

 

まとめ

美術館の入り口で、何度も注意を受けましたが、こどもが興味をもてる作品があります。また、こどもが飽きたらすぐ外は遊べる場所があるので、気軽に行きたい美術館でした。お昼ご飯は、公園でお弁当でも楽しそうです。夏は暑いので、最後は水あびをさせて、すっきりさせると車の中でぐっすりでした。(先に水遊びをさせると美術館の中には入れてもらえないので、最後がおすすめです)こどもの時からアートに触れる機会をつくれたらな、そして、こんな手のかかる子でもなんとか美術館へ行けるのであれば、そのことをお伝えして、少しでも多くの方に美術館へ行くきっかけになればと思います。


川崎市 岡本太郎美術館
214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898 FAX 044-900-9966