片づけ上手とキャンプのすすめ

先日お客様のご新居の納品が終わったり、お引越しのお手伝いをしました。お引越しは、ものを整理するには、とても良い機会です。

ダンボールにものを詰めることで、自分がどれだけのものを持っていたか確認できますし、ものを持つほどそのものを管理する時間や手間が必要だということも実感できます。

私は、春や秋には、キャンプに行きます。
引っ越しは、あまりしない人でもキャンプや旅行に行くと、ものとの付き合い方を見直すの機会になります。特にキャンプをおすすめします。

キャンプに行くときは持っていけるものは、車に乗せれるものだけですので、限りがあります。そして電源がないところが、多いです。そのような場所に行くことで、本当に自分に必要なものを見直すきっかけになります。

住まいは、自分にとって快適なようにカスタマイズされています。便利な家電があり、快適な家具があり、蛇口をひねればきれいなお水がでる、温かいお湯もすぐできます。

キャンプ場に行くと、料理をすることがとても大変です。火を起こしに時間がかかったり、水場がテントより離れていると、食器を洗うのも一苦労です。便利な日々の暮らしものありがたさを感じます。

一方で不便さの中に飛び込むことで、見えてくることがあります。 いつもの便利なものがないので、手元にあるものだけでなんとか過ごそうと工夫します。そうする中で、少ないものでもなんとかなることを実感できます。日々いらないものに囲まれていると気づかないことがあります。

私自身、日々に追われ、優先順位が低いためついつい整理できずほったらかしにしてしまうものもあります。最近は本がまた増えてきたので、今年中には一度本を整理したいなと思っています。

キャンプに行き始めると、少しずつ道具が増えてきます。便利な道具や、おしゃれな道具もあります。寝袋やテント、椅子などの家具類は、場所を取ります。また、気軽にキャンプに行こうとすると、道具をまとめて置いておくとのが楽。

これからキャンプを始めたい

いつかしてみたい

どれぐらいのものがいるのや、片づけ方の参考になる内容を下記記事にまとめていますので、ご覧ください。

目次

キャンプの持ち物リスト

キャンプ用品を車に載せる セレナの場合

キャンプ用日のしまい方1

キャンプ用品のしまい方2

キャンプ用日のしまい方3