整理収納アドバイザーが教える、キャンプ用品のしまい方-1

賃貸住宅でもキャンプを楽しむ キャンプ用品のしまい方をお伝えします。
我が家は、年2回ぐらいキャンプに行きます。お兄ちゃんが野球を始めるまでは、年3-4回行っていました。
キャンプ歴が長くなるにつれ、色々キャンプグッズが増えてきます。今の住まいは賃貸で、平均的な分譲マンションよりは狭いです。キャンプに行く友人に、「キャンプ用品は、どこにしまわれているの??」とよく聞かれるので、キャンプ用品の片付けと工夫について書いてみました。

 

目次

持っているキャンプ用品

  • テント・タープ関係
  • リビング関係(ランタン、チェア、テーブル)
  • キッチン関係(調理器具・食器)
  • 寝袋・マット類
  • たき火台・火おこし関係
  • その他(救急箱、ランプ)

などがあります。

収納が広ければ、もちろん全部1か所に収納しておけたらどんなに楽かと思います。
賃貸のため、間取りを変えることもできませんので、「どこに何があるか」わからなくならないように分けて置いています。

 

テントやタープなど、大きい物の収納

まずは大物のテントとタープは、子供部屋となっている和室の押し入れの天袋を利用しています。理由としては、

  • 上の方が湿気の影響が少なく、カビを防げる
  • テントタープは、幅があるので、奥行や幅に余裕がある場所
  • 年に数回しか使わないので、出し入れしにくい場所でも良いことです。

注意事項は、重量もあるので、雪崩が起こらないよう重いものは下の方に置き、上には軽いものを置くことです。
同じ場所に、軽い寝袋の下に敷くマット、テントのマット下に敷くシートも一緒に収納しています。

次回はキッチン関係について書きます。

キャンプ用品のしまい方-2

キャンプ用品のしまい方-3

キャンプ用品を車に載せる セレナの場合 も好評です。