カーテンの生地とお手入れ

カーテン,レース,コーディネート

カーテンは、10年~15年は使えます。賃貸ですと、窓のサイズが引っ越しで変わってしまうことがありますが、その場合でも

サイズを小さく縫製してもらうことは可能です。

オーダーカーテンでつくると、窓のサイズにぴったり合わせることができます。

また、カーテンの生地は、気に入ったものを選べるので、満足度が上がります。

オーダーカーテンの難しいところは、カーテン生地の種類が多く、迷うこと、あとは価格が安い物から高い物まで幅が広く、選ぶ基準が難しいことでしょうか?

 

今回は、カーテンの生地の特徴と、お手入れについてお伝えします。


カーテンの生地は伸び縮みする?


カーテンの生地は、湿気や温度に影響を受け伸び縮みします。

特に、綿、レーヨンの素材は、伸縮する割合が大きいです。

洗ったときに、縮むこともあります。なので、少し大きめにつくったりなどの対応が必要です。

気になる場合は、カーテンの素材に気をつけましょう。

シルクは、太陽の光で劣化する?


高級菜素材の、シルクは、カーテンでも使われます。

シルクの生地は、高級感もあり、素敵なのですか゛、太陽の光で劣化しやすいようです。

シルクのカーテン生地を使う場合は、裏地をつけ、なるべく紫外線の影響を受けにくいようにする必要があります。

劣化をきにするのであれば、日当たりの良い場所はなるべく避ける方が良いかと思います。

 

汚れの原因は、ホコリ。


カーテンの汚れのもとは、ホコリ、煙などです。

交通量が多い窓で、よく窓をあけて換気をする場合も、空気の汚れがついてしまうことがあります。

洗えるものは、定期的に洗うときれいになりますが、縮むことがあるので洗濯方法に気をつけましょう。

洗いにくいもの、洗えないものは、表面のホコリを掃除機をかけたりしてとるのがおすすめです。

最近は、自然素材のリネンや綿のカーテン生地も増えてきました。

以前は、自然素材の綿などは、伸び縮みしやすいので商品が減ってきました。

しかし、自然素材の良さが見直されてきたのか、最近見かける機会が増えました。

自然素材だから、「伸びるし、縮むよね」とおおらかな気持ちで使える方には、自然素材の風合いを楽しんでほしいです。

ポリエステル素材の美しいカーテンも好きですが、ざっくりとした優しい風合いの綿やリネンもいいなと思うこのごろです。



www.racrea.com Blog Feed

こどもがのびのび遊べる遊び場 プレイパークってどんな場所? (日, 23 7月 2017)
// プレイパークとは? プレイパークは、こども達が思いっきり遊べるように、禁止事項をなるべくなくした遊び場です。自分の責任で自由に遊ぶことを大切にしています。 例えば、泥遊び、たき火、ロープやブランコ、工作などで遊べます。ボランティアを中心として団体による活動で、無料で自由に利用することができます。
// // こういう私は、ちょっと前までプレイパークの存在をしりませんでした。でも一度こどもと行ったら、こどもがとっても楽しそう!なんでもっと早く行かなかったのだろうと後悔しました。私が実際行ったのは、世田谷のプレーパーク。   木に登れたり、小屋に登れたり、廃材で秘密基地を思う存分つくれたりできる場所でした。 //
// // // 他の場所のプレイパークにも行ってみたくなり、川崎市にあるプレイパークに行きました。南部線津田山駅から徒歩5分にある川﨑子ども夢パークです。ここは、広くて明るくて、水も豊富。井戸水をつかっているそうです。閉鎖された空間なので、親も安心してみていられます。   そして、気付いたらこどもは、泥人間と化していました。 周りにも泥人間がいっぱい!!着替え必須です。 そして、汚れてもいい服! お弁当もあると楽しめます。 気持ちいいぐらいのびのび遊んでいました。 //
こども達って、遊びからいろいろ学びます。プレイパークは禁止事項が少ないから、本当に自由に思うがママ遊んでいます。こんなに素敵な場所を提供してくれている方に感謝です。   調べてみると横浜市青葉区の公園でも月に1回プレイパークが開催されているようなので、今度行ってみたいと思います。まだ体験されていない方は、お住まいの近くのプレイパーク行ってみてください。   横浜市プレイパークについてはこちら 2017年8月11日  私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らしセミナー&自由研究完成!アートのワークショップを開催します。詳しくはこちら ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む

これからの子供達に必要な能力は何?21世紀型能力とは? (木, 20 7月 2017)
// 21世紀型能力ってなに? 21世紀型能力って聞いたことがありますか? 私はアートの本を読んでいるときに知りました。 そして、5月に小学校のPTA総会で、先生の教育方針の話のときにも「21世紀型能力」についての話がありました。 これから私達が想像もしない職業にこども達がつくのだと思うと、今まで違う学びも必要なのだと考えます。
国立教育政策研究所の発表している21世紀型能力についてhttp://www.nier.go.jp/05_kenkyu_seika/pf_pdf/20130627_4.pdf   抜粋 ーーーー 生きる力としての知・徳・体を構成する資質・能力から、教科・領域横断的に学習することが求められる能力を資質・能力として抽出し、これまで日本の学校教育が培ってきた資質・能力を踏まえつつ、それらを「基礎」「思考」「実践」の観点で再構築した日本型資質・能力の枠組みである   「基礎力」 言語、数量、情報 「思考力」 問題解決、発見力、想像力、論理的・批判的思考力、メタ認知、適応的学習力  「実践力」 自律的活動力 人間関係形成力 社会参画力 持続可能な未来への責任 ・・・ まとめると 今までの学校教育で学んできたような「基礎力」をつかって「考え」、それを「実践」していく能力が求められるそうです。 思考力は、社会人になってビジネス書にかかれているような、問題を発見する力や広い視野で考えることができること、枠組みを外れて考えるなどの力。そしてそれらを活用して、実践していく力がこれからの時代に必要ということが書かれています。   時代背景として、グローバル化、AIの発達、そして今想像できないよう変化があるから、それに対応できる力ということだと思います。 どうすれば身につくか 一人の親として、これからこどもが成長する中で、どうこれらを身につけていけるのか?考えます。 知識を知っていることより、それらを使い考え、活用する力がもとめられています。   小学校の様子を聞くと、私が教育を受けていたうん十年前より、調べたこと(知識)を使って考えたり、活用したりすることをするようにカリキュラムが進められているのだと感じます。 でも学校は、生徒35人に先生が1人なので、細かなフォローまでは難しい状況です。なので、全て学校でとはいかないと考えます。   なので、1つの方法として「家庭学習」があります。 私のこどもも思春期に入ってきました。そうなるとなかなか思うようにはなりません。自分の「思うように」は「自分でない人」を動かすということはできません。親野智可等さんの講演を聴いたとき、「自分で必要だと思わない限りは、人は変わらない」と話がありました。 それも自分で「失敗」して、「変わらなきゃ」と思わないと「変わらない」そうです。それでも「変わる」というのは難しい。   私が心がけているのは、とりあえず「失敗」させること。 親が手出ししすぎないこと。 ついつい時間がないと手をだしてしまうのですが、なるべく抑えるように心がけをしています。そっちの方がいらいらすることもありますが。 こどもの「生きる力」を育つ機会を増やしてあげたいと思います。 ◆2017年8月11日に「こどもが自由研究している間に、親はアートを学べる」セミナー開催します。  タイトルは、『私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らし』です。詳しくは、こちら ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む

ソファの後ろにアートを飾る 小さなアートの飾るポイント (日, 16 7月 2017)
アート,部屋に飾る,インテリアコーディネート // 小さなアートの飾り方 価格もお手頃な、小さなサイズのアート。 1つだけだと、ちょっぴりさみしい感じがするときには、複数の作品を並べて飾ると、インテリアの見栄えが良くなります。   写真の作品は、木のフレームに入ったやさしい色合いの作品。 同じサイズのものを2つならべて飾りました。 違うサイズのものであれば、バランスを取りながら取付けると良いですよ。   取付け位置は、少し高め。理由は、こども達が暴れるので、気持ちぶつからないようにしました。以前はここに別の作品を置いていました。
アート,部屋に飾る,インテリアコーディネート // こちら写真です。作品によって、お部屋の印象変わって見えませんか?額は明るい茶色。引き戸の枠と合わせてような色で、お部屋の雰囲気にも合っていました。   作品を替える模様替えは気軽にでき、気分も変わるのでおすすめです。 インテリアの雰囲気を変えたいなと思ったら試してみてください。 アート,部屋に飾る,インテリアコーディネート // この作品は、平松 絵美さんの「鉛筆」です。 温かな色がとってもほっこりする作品です。 平松さんの作品には、「赤い糸」が描かれています。 どこにつながっていくのか・・・想像するのが楽しいです。 素材も岩絵の具、紅茶、墨、雲肌麻紙でつくられていて、シンプルですがとっても凝った作品です。   メルマガはじめます。https://reservestock.jp/subscribe/71420   「私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らし」セミナーはこちら
ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む