白を基調とした明るい品のあるインテリアコーディネート

ダイニング

「開放感があり、木の温かみもあって、洗練されたイメージ」のお部屋にしたいと、ご相談いただいたお客様です。戸建ての建売を購入されたのですが、エコカラットや一部壁紙を変更されたいというご要望もありました。リフォーム工事のスケジュールもあり、最初にエコカラットや壁紙の提案をさせていただきました。

ダイニング横には、エコカラットを貼っています。照明はルイスポールセンのPH3/2、当初PH2/1かどちらか迷いましたが、テーブルとお部屋のバランスを見て、3/2を2つになりました。この照明を付けたとき、照明器具だけでこんなに温かな気持ちになるのだと実感しました。お客様からも「素敵」と喜んでいただきました。

リビング

リビングは、お子様が小さいので、転んでも大丈夫なように絨毯を敷きました。少しベージュ色の絨毯です。壁紙やエコカラットの次に打ち合わせをしたのは、カーテンです。お客様から、「空間を広くすっきり見せたいと思い、ブラインドで、色は白」とご要望をいただいていたので、白のブラインドで、カーテンのように目かくしもでき、レースのように光も取り入れながら視線を遮ることができる調光ロールスクリーンを提案しました。ロールスクリーンを通した光が柔らかくきれいです。

天井が高いと空気を循環させる方が、暖房や冷房効率が上がります。勾配天井になっているので、天井から距離をとりつつ、バランスを見てシーリングファンを提案しました。

ソファは、最初置かないというお話でしたが、やっぱりあった方がいいということになり、クラシックテイストなデザインのソファをお探ししました。ソファを選ぶときに、搬入できるかが一番の心配事でしたが、無事階段から納品できました。クッションは、アクセントカラーとしてきれいなブルーを取り入れました。お客様がブルーの色がお好きだということ、引き戸側に書斎があり、そこの壁紙にもブルー系の色が入っているので合わせました。

テレビボードは、最初テレビは置かないでしばらく過ごされるということでしたので、左右の収納だけを先に納品していました。テレビ台の部分は、あとから取り付けしました。もともと、テレビ台を置く前提でプランをしていたので、配線穴もすっきりと収納できるようにしました。収納は、小物を収納しやすいよう、引出を多めです。

リビング横の書斎

リビング横の書斎には、落ち着いた茶色のデスクと本棚を設置しました。デスクと本棚、収納のレイアウトをいくつか提案させていただき、最終的にこのプランに決まりました。

収納も、引出とワゴン収納があり、文具類も十分入ります。

本棚の下は、お子様のおもちゃや習い事のものを収納できるように考えました。

玄関

玄関とトイレには、エコカラットを施工しました。凹凸のあるタイルにダウンライトの光が当たると、影ができとても美しいです。どのようなアートを置いても、映えるように馴染む色にしています。

寝室

寝室は、お子様が小さいので、危なくないようベッドの高さが低いものを希望されていました。ベッドマットの高さは23㎝と低めです。こちらの部屋もお子様が転んでも大丈夫なよう、絨毯を敷いています。部屋の色は、ベージュ、白とまとめているので、明るくやわらかな印象のお部屋です。

ベッドヘッド側の壁紙も張替えました。色は白色ですが、凹凸のあるクラシックテイストの壁紙です。とても素敵になりました。