カーテンの選び方 レース編 インテリアコーディネーターメモ

目次

レースの予算配分

実際にサンプルをみていくと感じることですが、やはりいいと思うレースは、それなりに値段もします。もし日中お部屋にいる時間が長く、カーテンよりレース生地の方が見ている時間いという方の場合、予算をレースの方にかける方が、お部屋の雰囲気が良くなるのでおすすめです。

レースとプライバシー確保

レースを選ぶときに、気を付けたいのは、透過性とプライバシーの関係。オーガンジーのように透過性が高いレースは、見た目がとても素敵ですが、プライバシー性は低くなります。部屋から景色が見えるレースは、外からも内側が見えやすくなります。特にレースのまま、お部屋の照明をつける場合は、要注意です。照明の明るさで、お部屋の様子が見えやすくなります。ミラーレースや、遮像レース(照明をつけていても中が透けにくいレース)のようなプライバシーを考えられたレースもあります。しかしミラーレースは、お部屋の照明を付けてしまうと効果が薄れます。遮像レースは、照明をつけていても中が見えにくくつられていますが、お部屋の中から外の風景はほとんど見えないです。機能だけを説明すると、遮像レースを希望されるお客様も、実物のサンプルをお持ちして、実際の透け感を見ていただくと、遮像レースまではしないと言われることも多々あります。

窓の外の環境にもよりますが、景色を楽しむのか、プライバシーを重視するのか、実際にお部屋に過ごす時間帯も含め考えておくとレースを選ぶ時の参考になります。上の写真のレースは、戸建ての1階部分。人通りがあるので、『外からの視線を遮るもの』を重点に探しました。

レースのデザインに迷ったら

無地のレースでも、キラキラした光沢をもつものもありますし、全体にプリントが入ったもの、リボンなどラインの入ったもの。いろいろなデザインがあり、ショールームをまわると、『どれにすれば良いか』迷ってしまうのではないでしょうか。そんな時は、素敵だなと思う候補のサンプルをもらって、実際自宅で窓辺でみて見てください。小さいサンプルでも、透ける感じや、家具や床との相性。カーテン生地との相性を見ることで、候補が絞られますよ。