住まいのプロが教える。部屋をホテルのようにするために大事な事

インテリアコーディネートのご希望を伺うときに、「ホテルのような部屋にしたい」というご希望を聞くことがあります。一言で『ホテル』といっても、

明るい色調のリゾート風

バリのリゾートを思わせるようなもの

高級なクラッシック調のホテル

シンプルですっきりとした都会のホテル・・・いろいろあります。

ホテルのお部屋の雰囲気も素敵なのですが、ホテルのようにすっきりとした空間にあこがれる方も多いようです。ホテルには、必要なものしかないので、非日常的な気持ちになりますよね。ホテルに着いて半日も過ごすと、自分の持ち物がだされていて、「最初のすっきりどこ?」と思うことありませんか?私自身、ホテルでしばらく過ごすと、自分の持ち物が広がっていて、「最初に写真を撮っておけば良かった・・・」と後悔することもしばしば。

「快適に」自分の生活をしようとすると、歯ブラシも袋の中のままというわけにはいきませんし、タオルも使います。飲みかけのペットボトルや、子供のおもちゃ・・・やはり生活をするためには、いろいろな物が必要なようです。

では、ホテルのような空間を家に再現できるでしょうか?『雰囲気』でよければ、部屋のインテリアや収納を整えることで可能です。ホテルのものの少なさ、すっきり感を再現しようとすると、インテリアだけではなくいくつか解決しないといけないことがあります。

1)物の量

2)物を片づける(見えないように収納する)

1人で使う空間であれば、物の量をコントロールすることは、自分自身の努力で可能かもしれません。しかし2人、3人と家族が多ければ多いほど、その人が必要とするものが増えるので、量をどのようにコントロールするかなど、ルールと協力、努力が必要になります。私の考えとしては、住まいは生活をしないといけないので、『雰囲気』はとり入れ、すっきり感は、ストレスにならない【できる範囲】で取り組むことがおすすめです。

(写真はパリのホテル。赤や濃いピンクのファブリックがメリハリがあります。)