キッチン家電のコンセントをやりくりする

こんにちは、中西です。実習で学ぶ電気配線という講座を受講しました。講座の中では、実際に配線の計画をし、チームで分担しながら配線工事までしました。

新築のコーディネーターとして仕事をしていたときは、電気配線の打ち合わせが好きでした。自分で配線を工事してみて、なんとなくしか分かっていなかった、配線の取り回しや分電盤からどう配線しているのか、分電盤とコンセントの関係がはっきり分かりました。

私は賃貸の住んでいるので、コンセントの数や位置には不満を持っています。そして持っている調理家電の数は多いです。

キッチンの家電は、
炊飯器、電気ポット、電気圧力鍋
ホットクック、ヘルシオ、トースター
ホームベーカリー、食洗機、冷蔵庫 です。

キッチンにはコンセントがいくつある?

みなさんのキッチンには、コンセントはいくつありますか?
しかし、キッチンには、コンセントが2個しかありません。多くのキッチンは、冷蔵庫用と、レンジなどの家電用がついていることが多いのではないでしょうか。

コンセントが複数あっても、使える電気の容量が多くならないこともあります。そのコンセントは、分電盤の回路1つ専用なのか、それとも他のコンセントや照明と一緒の回路なのかで使える量が変わります。

分電盤を見てみよう!

キッチンのコンセントに戻ると、キッチンのコンセントの1つはレンジを使う想定なので、通常キッチン レンジ用が1つ用意されていると思います。コンセントがもう1つある場合は、リビングなど他の部屋のコンセントと一緒になっている可能性があります。ぜひ、分電盤をチェックしてみてください。

私の家の場合は、台所専用コンセント、台所と和室となっていました。2つコンセントがありましたが、どちらのコンセントが専用かは、家電を使うときに抜き差しして、使うコンセントを変えて確認しました。

なので和室で容量の大きい掃除機などを使うと、台所と和室のブレーカーが落ちることになります。

契約アンペアを増やしてもブレーカーは落ちる

分電盤の契約アンペアは、家全体の電気容量になります。一度にどれだけの電気を使うかで、必要なアンペアが変わります。エアコンは、立ち上がり時に多くの電気が必要なので、専用コンセントになります。

大もとのブレーカーが落ち、家の電気が止まるという状況であれば、契約アンペアの見直しが必要です。一番電気を使うタイミングは、各家庭によって異なると思いますが、一般的に冬の暖房機器を使う夕食時が電気使用量が多くなるので、そのタイミングで使う量で契約を考えると良いでしょう。

1つの回路のブレーカーが落ちる場合は、契約アンペアを変えても意味がありません。それぞれのコンセントにつなぐ機器を見直す必要があります。

ブレーカーが落ちるのはなぜ?

1つのコンセントで同時に使える電気は、15Aが目安です。電流(A)=電力(W)/電圧(V)の式から、家電のW数を100で割ると、Aの数値がでてきます。大きなエアコンは200Vのコンセントを使いますが、普通のコンセントは100Vです。

なので、合計1500Wまで使えます。延長コードも1500wまでとかかれているので、1500w/100V(普通のコンセントの電流が100A)=15Aまで使えるということです。

分電盤の1つの回路で使える電気は、20Aが目安です。分電盤を見ると、どこのコンセントと照明が1つの回路で分けられているか、おおまかに書かれています。

1つの回路は20Aですが、通常コンセント2、3個や、照明の電源も一緒に1回路と分けられていることもあります。家によって、その配線の仕方によって、そのコンセントがどんな容量まで使えるか変わるということです。

落ちたブレーカーの名称を見てみると、原因が見えてきます。例えばキッチン、和室というブレーカーが落ちた場合、キッチンの照明、コンセント(専用コンセント以外)、和室の照明、和室のコンセントで使われた電気の量が容量を超えてしまったということです。

落ちたブレーカーがどこの電気を供給するものか、そして、何を使ってそうなったのかを見ていくと、ブレーカーが落ちた原因がはっきりします。

家電のワット数を調べると、どれだけ使えるかが見えてくる

家にある家電のワット数を調べてみました。家電のW数は、家電についているラベルに書いているので、簡単に調べることができるので、ブレーカーが落ちて困っている人は、確認してみてください。

炊飯器 1240W
電気ポット 1300W
電気圧力鍋 1200W
ホットクック 800W
ヘルシオ 1460W
トースター 1300W
食洗機 1186W
冷蔵庫 110-226W
ホームベーカリー 430W

分譲マンションや持ち家の戸建だと、食洗機を入れる前提であれば、食洗機専用のコンセントを用意します。しかし私の家ではそれがないので、食洗機を使っている時に、他の家電を動かしてしまうと、バチンとブレーカーが落ちてしまいます。

1つのコンセントで同時に使える電気は、15Aが目安です。合計1500Wまで使えます。それぞれの家電の数値を足してみると、何が原因かわかりますね。

和室と兼用のコンセントは、冷蔵庫 110-226Wがつねに電気を使っているので、食洗機 1186W、トースター 1300W、炊飯器 1240W、電気ポット 1300Wを時間差で使っています。冷蔵庫が226Wになっているときは、電気ポットは要注意です。

専用のコンセントは、ヘルシオ 1460Wに使っていて、ヘルシオを使わないときや500Wの電子レンジを使っているときに、ホットクック 800Wを使っています。その時々で使うコンセントを変えているので、抜き差しがしやすいようにしています。

私は、時々ホームベーカリーで朝ごはんのパンを焼くのですが、明日のパンが必要と気づくのは夕飯の用意をしていることが多いです。そうなると、キッチンのコンセントはフル活用されているので、最近ホームベーカリーは廊下に置いていて、廊下のコンセントを使うようにしています。

また、ヘルシオオーブンを使い、炊飯器でごはんを炊き、ホットクックでスープをつくりたいというときは、コンセントの容量が足らないので、リビングのコンセントにホットクックを繋いでブレーカーが落ちないようにします。

まとめ


・1つのコンセントで同時に使える電気は、15A、合計1500Wが目安。
・分電盤の1つの回路で使える電気は、20Aが目安。
どこと一緒の回路か知ることで、使える量が見えてくる。
・家電のW数を調べてみると、コンセントが安全に使えているか分かる。

分電盤、コンセント、ブレーカーの容量や仕組みが分かると、ブレーカーが落ちないようにコンセントを使うことができるようになります。もし家にたこ足になっているコンセントがあるようであれば、家電W数を調べてみてください。危ない使い方をしていないか、簡単に確認できますよ。