勾配天井と壁掛けのテレビがあるところに、オーダー家具の壁面テレビボード取り付ける

納品したオーダー家具の写真です。お客様は、部屋を広く使いたいということで、壁面収納を検討されていました。入れられたいものが決まっていたので、それに合わせて収納しやすいようにプランをしました。もともと壁掛けのテレビが置かれていたので、テレビのメンテナンス時に支障がないよう、配線穴や設置方法を検討しました。将来的にテレビも少し大きくなってもいいように、ゆとりを持たせました。

もともとその場所に収納を置くことを想定していなかった建物には、換気口やコンセント、点検口がこんなところにあるというケースが少なくありません。造作家具にするメリットとしては、そのような場合でも、換気口のスペースを避けて家具をつくることができます。写真は、換気口のスペースを開口して家具を設置しました。

また、天井面は、勾配天井のため、天井にぶつからないようにしつつ、なるべく収納量があるように計画しました。私1人だと採寸が難しいので、職人さんに来て採寸をしてもらっています。

今回はテレビ台として必要な高さを考え、窓に少しかかるような形で計画をしました。引出には、DVDやCD、部品、配線などを収納するのに便利です。