未来をつくる 手帳の使い方

こんにちは、中西です。今日は、手帳の使い方をお伝えします。昨日FIRE 最強の早期リタイアという本を読みました。https://amzn.to/3u7I2iD


この本は30代で仕事をしなくても生活がまわっている人が、どのようなことをしたか、その行動のもとになる考え方を知ることができました。

この本を読んではっとしたことが1つあります。それは、早く経済的に自由になれば、いつか世界旅行に行きたいと思っていることが、若い内に実現できるかも?ということでした。
 

世界を見て歩くも、体力、気力があるで内に行かないと、楽しめません。美味しいものも食べれられないし、歩き回るのも大変です。なので、息子達を置いていっても大丈夫な年になるぐらいには、1か月でもいいからそんな風に行動できるようになりたいと思いました。
 

もともと世界旅行に行きたいと気づいたのは、私のライフビジョンの1つです。前回お伝えした逆算手帳で振り返ることができ、自分がなりたい姿が今の手帳を使うベースとなっています。
 

日々の時間をどう上手く使い、効率を上げるかということに、それまでは注力していましたが、逆算手帳に出会って、日々よりも、大きな目でみて人生を考え、今どのような行動をするのが自分が望んでいるかを棚卸できました。


私の手帳の使い方ですが、ダブルスケジュールというA5サイズの薄い手帳を併用して使っています。https://amzn.to/3zda8Kh
 

スケジュール管理として、ガンチャートで、進行状況を確認するようにしています。どうしてもはずせないこと、やっていきたいことをここで管理しています。


つぎに、手帳に手書きで書き込みをしているものについて、ご紹介します。


 

ウイッシュリスト


自分がしたいことをとりあえずメモする。行きたいところや、お金や仕事についてだけでなく、欲しいものや、人生でやってみたいことを書いています。

100個だしましょうというものもありますが、最近では50個ぐらいで落ち着いています。


しないことリスト


しないことを書き込むようにしています。例えば、人の時間を大切にしない人とは組まない。などです。自分が生きている中で、これはしないと気づいたことを書きとめいます。


理想の休日の過ごし方、一週間の過ごし方


どんな風に過ごすと、充実して感じられるか想像して書いています。
 

ライフビジョン


こんな風に過ごしたいよね、というイメージができたら、次に、生きている内にしたいこと、10年以内にしたいこと、1年以内にしたいことに分けます。私の場合10年以内にしたいことは、あまり膨らまないのですが、ライフビジョンを頭に入れながら、次の1年どう過ごすかと考えると、具体的な行動が浮かびあがり、この作業はとても効果的だと感じます。

10年間で逆算して行動を考えるリスト


私はこれもあまり活用はできていませんが、自分の年齢、家族の年齢を書いて、10年の表にしておくことで、人生でしたいことをするために、この10年どう過ごすかを考えるきっかけになります。例えば貯蓄は、何年後にはどれぐらいににしたいか、なども書き込みしています。

先ほどの旅行のことも、この表で具体的に、何歳のときに実行できたらいいかをメモしています。今の目標は、7年後の2028年です。これからどう貯蓄していくかは、考えていきたいと思います。

1年計画


こちらも手作りのガンチャートをつくり、やりたいことをプロジェクトとして考え、1年間でどう行動するか、ざっくりした行動を入れていきます。

例えば、動画講座を来年も取り組もうと思っていますが、1月までに教材をつくる、2月からはじめるなど、ぼんやりした考えに、何月ごろにという時間の期限を決めてみます。

もちろん、これが実行できない場合も多々ありますが、そのときは、再度スケジュールを組みなおします。フリクションで書いておけば、書き直しも簡単です。

私の場合、大きく分けると、仕事、出会い、学び、人生という枠をつくって管理しています。これをすることで、毎月のスケジュールを決めることができ、さらに日々のスケジュールにそのための時間をとるということをしています。

まとめ


手帳に書いたことは、
 

自分の人生を何のしばりもなく考え、どんな風にすごしたいか?

じゃあこの10年間どう過ごすの?

じゃあ、この1年間どう過ごす?
という順番で考えるのを助けてくれます。


これをすることで、自分のしていることは、自分の目指している行動に向かっているのだと、感じることができ、自信にもなります。


2021年もあと3か月となりました。まだまだ思ったように外出できない状況で、家で過ごす時間が長いのではないでしょうか。2022年はコロナが少し落ち着いて過ごせることを期待しつつ、どのように過ごしたいか考えてみませんか?


それでは良い週末をお過ごしください。