変形したレイアウトでもオーダー家具なら対応できます。白色の食器棚事例

シンプルな白色の食器棚ですが、よくみるとキッチンの幅が手前と奥では違う間取りです。

今回は、その間取りを利用しながら、収納をつくりました。奥側の収納の奥行を深くし、その分収納量を確保するようにしています。

上の棚も奥深くつくることもできましたが、無駄に奥行があっても、取り出ししづらいので、浅めにつくりました。

奥側の引出は、高さをだして食品のストックが入れやすいようにしています。

手前の浅い引出には、カトラリー類が収納できるようにしています。

手前の一番下の引出は、ゴミ箱が入ります。

食器棚の背面には、マンションの点検口があるため、その部分を確認できるようにしています。隠してしまうと、万が一メンテナンスのときに収納を外さないといけなくなります。

オーダー家具は、このような調整ができるところが長所です。

こちらのリビングダイニングのインテリアの様子です。