エーロ・サーリネン設計したTWAのホテル ・ 宿泊レポ

NY初日は、TWAホテルに泊まりました。
空港の側にあるホテルで、建築家のエーロ・サーリネンの作品。
外観も流線形ですが、内部も繋がる空間で、入り口を入ると写真をたくさん撮りたくなるような素敵な空間でした。

目次

TWAについて

JFK空港にあるエーロ・サーリネン( Eero Saarinen )が 1962年 に設計した、TWAフライトセンターがホテルに改装されました。空港からアクセスすぐで、512室も部屋があります。

建設当時は、ジョン・F・ケネディを大統領に迎え、アポロ計画も急速に進み、アメリカが希望に輝いていた時代でした。

朝撮った 建物の外観
夜の外観の様子

建物の中に入ると、建物の曲線が浮かびあがっていて、とても美しかったです。

ホールの証明もコロンとしたスポットがついていて、空間に合っていて可愛らしかったです。

ロビー正面には、ラウンジがあり、飛行場にいる気分になります。外の飛行機の中はバーになっていました。

ホテル客室

ラウンジの両側に通路があり、この通路を歩いて客室に向かいます。まるで、ディズニーランドにいる気分でした。

客室の中は、シンプルながらも、ロビーの雰囲気とつながっていて、電話や雑誌、小物やお菓子など置かれているものが、古き良き時代を感じさせました。

エーロ・サーリネンについて

フィンランド人で、アメリカで活躍した建築家。シンプルでアーチ状の建物をデザイン。
家具なども設計していて、有名なのはチューリップチェア。

そのチューリップチェアは、ロビー上のレストランなどでも使われていました。 使用されている家具は、ノール社の正規品だそうです。

ホテルのレストランの食事も美味しく、また内装も素敵でした。ホテルの部屋も雰囲気がよく、宿泊できて良かったです。
空港すぐのアクセスもよく、建築も楽しめ、昔にタイムスリップした気分になれるホテルでした。