アトリエ山荘見学レポート

吉村順三の脇田和のアトリエ山荘


旧軽軽井沢に建つ脇田美術館に隣接する、アトリエ山荘を見学してきました。アトリエ山荘は、1,970年に脇田和の友人である吉村順三の設計により建てられた、日本のモダニズム建築として知られる別荘住宅です。


建物内部


約100人ぐらいの人が集まっていたので、番号順で見学です。

中に入ると、正面には大きな窓が見えます。

 

入っていくと右横にキッチンがあり、正面には写真のような風景がみえました。暖炉には本当に薪がくべられて、とても暖かく、落ち着く感じでした。

約20人ぐらいは一緒に見学するので、シャッターチャンスが難しかったです。

 

写真は実際のものより明るくしています。天井には、大きな照明はついていません。薄暗さが心地よい感じです。

この日は天気はうすぐもり。でもしっかり窓から光が入ってきます。


ディテールからみる建築


サッシがどうなっているのか、枠はどうなっているのか、詳細も気になります。そして、細部もきれいです。

見学している皆さん、いろんな場所をカシャカシャ写真に収めていました。

 

私が気になったのは、ところどころに、置かれているアートやオブジェです。すっきりとした空間に、置物達がとても個性的で、いい味をだしています。さすが、アーティストの住まいです。

仕事場も見学できました。ずらりと並んだ本と、ところ狭しと置かれた小物。筆や絵の具もそのままで、脇田さんがそこにいるような雰囲気です。

 

建築がより魅力的になるのは、住まい手のストーリーや、生活と重なったときなのだと感じました。




インテリアコーディネーター 1級建築士

アートライフスタイリスト・マスター

整理収納アドバイザー

中西プロフィール


www.racrea.com Blog Feed

セミナー報告と今後の予定 (月, 21 8月 2017)
>> 続きを読む

こどもがのびのび遊べる遊び場 プレイパークってどんな場所? (日, 23 7月 2017)
>> 続きを読む

これからの子供達に必要な能力は何?21世紀型能力とは? (木, 20 7月 2017)
>> 続きを読む