照明器具の寿命

昨日、照明コンサルタントの更新に行ってきました。

照明コンサルタントは5年ごとの更新で、更新の際、スクーリングといって照明に関する講義を受けます。

 

今回は、中小商業ビルの照明のメンテナンスについてと、LEDについてでした。

照明器具の寿命は、約10年程度と言われています。

見た目は変わらないかもしれませんが、内部の部品の劣化があるからです。

使用後10年以降、経年劣化事故が(数は少ないですが)増えてきます。

そろそろ、10年ぐらいかなーと思う器具や、ちょっと調子が悪い、暗くなった気がすると言う場合は、これを機会に器具の交換もご検討ください。

 

LED照明については、比較的新しい器具で、商品の改良も技術も日々進歩

しています。

LEDについての疑問や、もっと知りたい方は、照明学会がつくって

いるQ&Aがわかりやすいかと思いますので、下記をご案内します。

 

LED照明に関する正しい情報Q&A(照明学会HPより)

http://www.ieij.or.jp/what/LED.html

 



www.racrea.com Blog Feed

大正、昭和と今の家事の時間から、自分の時間の使い方を振り返る (木, 19 4月 2018)
>> 続きを読む

東急田園都市線 5月にオススメのお菓子 (木, 19 4月 2018)
>> 続きを読む

小学校の用意がしやすいように「こども部屋」の模様がえ、IKEAの家具を使った例 (火, 17 4月 2018)
>> 続きを読む