賃貸のSOHO リビングダイニングをオフィスとして使った場合

写真は、横浜市都筑区 M様のSOHOオフィスです。人が集まってミーティングをしたり、打合せをしたりと人をつなぐというお仕事をされているM様。テーブル、テレビ台、本棚、収納とデスク、ホワイトボードなどの小物も合わせて提案&納品しました。

目次

リビングをミーティングスペースとして使う

リビングダイニングのスペースにオフィス空間をつくられたM様。6人掛けのダイニングテーブル兼打ち合わせテーブルです。オフィス空間を優先にしていますが、生活空間としても使えるようにプランしました。
チェアはくつろいで話がはずむように、快適でやわらかな座り心地でデザインが良いものを選びました。

アートで会社のメッセージを伝える

人が集まるオフィスということで、アートも提案しました。
飾っているアートは、相馬博さん「Circle of galaxy」
黒い部分は、人間の内面、そして宇宙を表現。その両方が無限であり、画面に光を表現することで希望を描いた作品です。

人と人のつながりを大事にされているお客様の会社のイメージに合うと思いに合うものとして提案しました。なぜその作品を選んだかで、その人の想いや会社の理念などを伝えることができます。アートで思いを伝えることができる、そんなアートの活用も面白いと思います。

セミオープンのキッチンは間仕切り家具で仕切り、オフィスらしく演出する

写真の本棚の向こう側は、実はキッチンです。賃貸のリビングダイニングのスペースを仕事場にしたので、キッチンの生活感を見せないように、キッチンの開口部分を収納で隠しています。賃貸でまた引っ越しをされる可能性のあるため、将来的に収納を分割して使えるようにもしています。

家具が納品される前のお部屋は、IKEAの家具を使う

SOHOということで上の写真の家具が届くまで不便だということで、IKEAのデスクとチェアを使っていただきました。オーダーした家具が届いたあとは、2階の書斎スペースで一部利用頂く予定です。置く家具によって、ずいぶんお部屋の印象は変わると感じませんか?

無料メルマガ
住まいを楽しむヒントや暮らしについてお送りします。毎週金曜日配信中

無料メール講座
7日間、あなたのお片付けをステップアップさせるメールが届きます

ホームオフィス 
在宅勤務がはかどる仕組みとインテリアのコツ
kindleにて販売中