住まいを楽しむ20210325 防災備蓄、1週間分確保できていますか?


こんにちは、中西です。今回は、備蓄を考えるをお届けしたいと思います。


私は、大阪出身で、阪神淡路大震災のときは、留学中で実際に体験していませんでしたが、周りの人の話を聞いていました。また、東日本大震災のときは、ちょうど子どもが保育園と幼稚園のときで、買い物が大変でした。子育てをする中で、家の中で備える必要性をひしひしと感じ、コツコツ備蓄や備えをしてきました。


農林水産省がだしている家庭用食料品備蓄ガイドというものがあります。かなりしっかり備蓄について考えることが出来る内容となっています。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/gaido-kinkyu.html
自分の家に何を買い足すといいか、エクセルのチェックリストもダウンロードできますので、利用してみてください。


これを読むと詳しいことが書かれていますが、まとめると、家庭で一週間分の家族分の食料や水を確保しましょうということです。じゃあどれだけ?というものですが、最低限のラインとして、 水、米(エネルギー)、缶詰(タンパク質)、カセットコンロ(熱源)について紹介します。


水は(調理含む)と、1日3L
1人1週間だと21L
2Lのペットボトル10本です。
4人家族だと、2Lのペットボトル40本
なので、6本入りの箱を約7箱置かないといけません。


米は、5kgで(1食が0.5合=75gとして)66食分
1日2食を米を食べるとしたら、1週間で14食分必要
4人家族だと、56食
なので、まず5㎏の米袋が1つ余分に家にあると安心です。
私の家だと1食が0.5合で済まないと思うので、2袋以上ですね。
その他パスタや乾麺を用意したいと思います。


缶詰を含む、タンパク質は、2日ほど冷蔵庫や冷凍庫のものを食べると考え
2食分(昼と夜)×5日=10
4人分で、40食分
缶詰40個分の場所の確保が必要ですね。昔ながらの保存食のカツオや干しえびなどの乾物のストックも場所が少なく済むので、増やそうと思います。


ガスボンベは、1人1週間およそ6本と書かれていました。
キャンプの時にも良く使いますが、外や寒いところで使うと効率も悪いんですよね。
そうすると4人分だと24本!
3本入りのパックを8セット必要です。
慌てて家の中のストックを見たら、14本でした。
あと10本買い足そうと思います。


こう考えると、かなりの収納スペースが必要だということが分かります。
皆さんのお住まいは、どのようにスペースを確保していますか?
私は、片付けをしてできたスペースを防災備蓄に使っています。
廊下にある収納には、防災グッズになるような、キャンプ用品やガスコンロ、寝袋、ライト、電池などを置いています。避難に最低限必要そうなものは、玄関収納の上に入れています。
食品は、普段使いながらのストックなので、主にキッチンに収納するようにしています。1週間分と考えるともう少し増やさないといけないので、これから増やしていきたいと思います。


この備蓄ですが、今するのがおすすめです。物が足らないときにしてしまうと、買占めとなって周りから不満がでます。物が充実している今なら、少し多めに買っても、困る人がいないです。ぜひ思い立ったら吉日ということで、少しずつ買い足ししてみてください。


下記のサイトもとても参考になりますよ。
家庭備蓄ポータル
https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/index.html


それでは、良い週末をお過ごしください。