気軽にアウトドアダイニングを楽しむ

外でご飯を食べるのに
良い季節になりました。

広くないベランダですが、
この季節になると、
お昼ごはんを家で食べるとき
ベランダで食べることがあります。

夏になると暑いので、
梅雨に入るまでの短い期間だけですが。

あるといいアイテム

ベランダに用意するものは、
椅子、テーブル
でもいいですし
ラグをひいて、クッションを置く
というような部屋の一部を
外に持ち出すということでも
楽しめます。

家のベランダに置いているのは、
IKEAの椅子とテーブル。

木の素材のものは、
アウトドア用でないと
すぐ痛んでしまいますので
気をつけてください。
室内用のものを外にだしたら、
出しっ放しは厳禁です。

椅子は、手入れが楽なように
スチール製のものを選びました。

木の素材は、紫外線にあたると、
色が白っぽくなってきます。
また、塗装し直したりと
手入れも必要です。

テーブルは木の素材で、
少し汚れてきました。

そんな場合は、
テーブルクロスが重宝します。
テーブルクロスを敷くと
雰囲気が良くなります。

テーブルクロスは、
手芸用品店で売っている
布でも大丈夫です。

こんな感じで食べるのですが、
とっても気持ちが良いです。

雰囲気良く過ごすための工夫

最後に、雰囲気良く
ベランダで過ごせる工夫を
ご紹介します。

洗濯物の干す場所と距離を離す
見えにくいようにする
ものを置かない
置く場合は、きれいにまとめるです。

ついつい物置にしてしまうことも
ありますが、少し工夫することで
楽しめるベランダになります。

専用のテーブルや椅子がなくても、
部屋でつかっているものや
キャンプ用品のチェアやテーブル
でも大丈夫。

気持ちいい季節は、
外でご飯を食べてみませんか。
いつもより会話が弾みます。

昔ギリシャに旅行に行った時、
滞在型のホテルでキッチンが
ついていました。
お隣のドイツ人のご夫婦は、
ゆったりと夕食をつくり
夕日を眺めながら
夕食を楽しんでいました。

今でもそのお二人は、
私の理想的な暮らしを楽しむ姿です。