ルコルビュジェ サヴォア邸訪問

2年前にフランスのパリに行ったときに、コルビジェのサヴォア邸に行きました。建築を学ぶ人にとっては有名な建物ですが、一般の観光客の人が行くところではないので、電車に乗り、バスに乗り替え、道に迷いながら到着しました。

1929年保険会社重役のピエール・サヴォアが週末住宅として、コルビュジェに設計を依頼。持ち主が使わなくなり、その後は家畜の資料小屋と使われたり、大戦中には、ナチスの宿泊施設としてもつかわれたりもした建物ですが、今でも訪れた人を惹きつける建物です。

敷地に入るとシンプルな形の建物が目に入ります。外回りも見る角度によって印象が変わります。建物の中も、とても魅力的です。リビングとテラスとのつながりや、屋上の庭へのスロープ、興味深くたくさん写真を撮ってしまいました。浴室のつくりも面白く、天窓から光を取り入れるようになっていました。

Villa Savoye
82 rue de Villieres 78300 Poissy
パリよりRERでPoissy駅からバスで10分程度。