ダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルは、食事をとるだけでなく、勉強したり、読書したり、書斎机代わりになったり使い方は家によって様々です。私の家では、お客様が来たときに一緒に食事を囲めるようにゆとりのある6人掛けの大きさにしました。

 

規格のサイズで販売している家具もありますが、サイズがオーダーできるテーブルもあります。選択肢は増えましたが、オーダーする場合はいくつか気をつけないといけないことがあります。今回は、ダイニングテーブルを選ぶときのポイントと注意点をお伝えします。


1.ダイニングテーブルのサイズ

テーブルの長さは、何人でテーブルを使いたいかで、おおまかなサイズが決まります。

4人掛け(120cm~150cm)

6人掛け(180cm~200cm)

がおおまかな目安ですが、選ぶテーブルの脚のデザイン、椅子のデザインによって変わります。

 

奥行きは、対面で人が座る場合には、食事のお皿が並べられるサイズが必要です。

よくダイニングスペースが小さいからテーブルの奥行きを狭くしたいとご希望を伺うことがあります。

食事のお皿は大丈夫な場合でも、向かいの人の足とぶつからないか・・・を考える必要があります。

今は小さいお子様でも、5年、10年するとどうでしょうか?

一般的に規格で売られているダイニングテーブルの奥行きは80cmぐらいです。

大きめのダイニングだと90cmの奥行きのものもあります。

 

ダイニングの高さ

セットで売られていることがありますが、いろいろなお店、デザインでバラバラに購入するときには注意が必要です。

■椅子とテーブルの高さのバランス

 輸入のものだとテーブル、椅子の高さが高い場合があります。

 

■椅子にアームがついている場合は、アームが入るか。

 アームがぶつかると、椅子をテーブルの下にしまえません。

 またダイニングテーブルのサイズが大きいと、テーブルが曲がらないように補強材を入れます。

 その補強部分が出っ張っていると、意外と足を入れる高さが低い場合があるので確認が必要です。

2.素材

ガラス、木、樹脂などの素材があります。

 

ガラス

ガラスのテーブルは、小さいお子様がいるご家庭ではあまり好まれません。

角でぶつかると危ない、フォークなどでテーブルをたたくと割れそう、、、という理由です。

透明なガラスは足元が透けるので、気になる場合はフロスト加工している商品が良いです。

 

無垢のもの、突き板(スライスした木を貼り付けしたもの)などあります。

突き板、無垢の場合も、水気の取り扱いには注意が必要です。

ぬれたらすぐふくようにしないと、シミやそりなどの原因になります。

表面にウレタン塗装しているものは、お手入れが楽です。

木の質感を感じたい場合は、無垢+自然塗料がおすすめですが、こまめなメンテナンスをしないと、きれいを保てません。

 

樹脂

お手入れは楽ですが、素材の質感は感じられません。

見た目が木のようなデザインの商品もあります。

傷や手入れが楽なので、どちらかというとオフィスや店舗によく使われます。 

3.部屋とのバランス

ダイニングスペースの広さで、最大おけるサイズが決まります。

お行儀よく人が座って、後ろに人が歩くスペースが必要な場合は、90cm以上合った方が通り抜けしやすいです。

歩く人が横向きに歩けば、もう少し狭くてもいいですが。。。

座る人、歩く人の体の大きさによっても変わります。

テーブルのサイズ+座る人のスペース+通り抜ける人のスペース+収納スペースを考えましょ。

さいごに

注意が必要なのは、テーブルの搬入経路です。どこから、テーブルを搬入しますか?

2階がリビングで、窓からしか搬入できない場合は、運搬費用が変わります。

 

玄関からの場合は、廊下の幅、曲がり角があるか、天井高さ、ドアの大きさ、階段の広さなど

窓からの場合は、窓の大きさ、ベランダの広さなどを確認しましょう。

 

もう一つ大事なのは、テーブルの脚ははずせるか、組み立て式かということ。

脚がはずせると、搬入しやすくなります。

 

ダイニングテーブルは、家具の中でも、サイズが大きいものなので気をつけてください。



www.racrea.com Blog Feed

チームラボプラネッツに出かけました。楽しかったけれど着る服は気を付けないと。 (日, 22 7月 2018)
チームラボ・プラネッツTOKYOに、こどもを連れて行ってきました。 行く直前まで、お台場の「チームラボボーダレス」に行くつもりでしたが、チケットを見ると、「Planets」でした。 間違う方の多いので、行く前にご注意ください。 プラネッツは、決まったルートを進む展示です。調べるとこちらは大人向け?でボーダレスがこども向けとのこと、ちょっぴり不安に思いつつも、時間の決まったチケットなので、とりあえず行くことに。 でも現地に着くと、こども達もたくさんいて安心しました。   はじめにロッカーがあり、くつを脱ぎ、荷物を入れます。   注意点は、着ていく洋服 ひざまで濡れることがある、鏡でスカートの中が見えるます。 スカートは要注意!スカートの中は丸見えです。   服を対応できそうなものにするか、短パンを貸してくれるので借りると良さそうです。 私は自分の服を持って行きました。 こどもだと、本当に短い短パンぐらいズボンをあげないとぬれますので、ご注意ください。   中については、あまり語りませんが、こどもでも楽しめます。 時々動きが激しくて、周りに迷惑をかけないかハラハラすることもあるので、でも個人的には、大人だけでゆっくり見たかった。こどもは楽しくて、興奮して、さっさと次の部屋へ!と行こうとするので、私としてももう少し堪能したかったです。プラネッツおすすめです。五感に響くアートが楽しめます!!   あと、外で待つ時間が長くなりそうな人は、暑さ対策が必要です。 もう少しすると待合場所ができるかもしれませんが、今は日陰が少なくとても暑いです。 飲み物と、うちわなどもあるといいかなと思います。 メルマガ登録 ■メルマガ「住まいを楽しむ・ととのえる」は、インテリア、アート、収納、お片付け、ライフスタイルに関わる内容を配信しています。    ブログカテゴリ インテリア・デザイン アートライフ お片付け  子育て・家事 自己啓発・本 備える住まい 建物訪問 セミナー その他

>> 続きを読む

TUTAYA BOOK APARTMENTのインテリアと、落ち着く部屋にするための自宅でできる工夫 (金, 20 7月 2018)

新宿のTUTAYA BOOK APARTMENTに行ってきました。 各階を見学しましたが、今回入ったのは5階のグランピングの部屋。 インテリアのポイントは、からし色の黄色を使っていること。 明るく楽しい雰囲気を演出しています。   小物としては、天井の植物。葉っぱだけでなく、色とりどりのお花がぶら下がっていて、とってもキュート。 ところどころ小鳥やフクロウ、ミラーボールのようなものも吊っていて、非日常的な印象を受けます。 床は人工の芝のマットが敷かれており、遠目からは芝のよう。足触りは固めですがいつもと違う感触で楽しいです。 掃除はどうするのかな?と気になります。 私も自宅のペンダントの照明にフェイクの緑を巻き付けています。本物がベストですが、フェイクでもいやしの演出効果は大きいです。   沢山本が置かれているのに、落ち着くのは、ところどころ余白スペースがあり、空間が広いからでしょうか。 自宅とは違い、くつろぎと本以外の要素が目に入ってこない空間は、何かを考えたり、本を読むのにいい場所です。 自宅がくつろがない!と思っている方は、ぜひ見える「もの」と「いろ」を減らしてみてください。 ロッカです。荷物が多いときは置いておけます。スリッパもあります。 やはり、くつを脱ぐとよりゆったりした気分になります。 でもくつを入れるので、前の人のにおいとかが残りそうで、気になります。 換気口があればいいのですが。 個室です。しずかに考えたいときには良さそう。自宅にこんなスペースがあると、こどもも大人も喜びそうだなと思いました。閉じたスペースの場合は、温度や湿度の調整が難しいですが、遊び心をくすぐる空間があると楽しいですね。   こちらのスペースは、足元の間接照明で照らされ、とても落ち着く雰囲気です。くつろぎすぎて時間を忘れてしまいそう。 自宅が落ち着かないという場合は、天井からの照明の明るさを落として、間接的な照明や、スタンドライトを利用すると、くつろぎやすくなります。 ドリンクコーナーです。お茶も種類が選べます。 ティーパックが入っている入れ物がそろっている、色の数も少ないのですっきりした印象です。   1時間500円なら、どこかでお茶するよりはくつろいで考えたいときには利用したいです。 家にいるより快適で、考えるのに集中できそうでした。 部屋を出てから、失敗した!と思ったのは、テントの中に入るのを忘れていました。 人が少なかったので、入れば良かった。 次回は女性専用フロアを利用したいです。 メルマガ登録 ■メルマガ「住まいを楽しむ・ととのえる」は、インテリア、アート、収納、お片付け、ライフスタイルに関わる内容を配信しています。    ブログカテゴリ インテリア・デザイン アートライフ お片付け  子育て・家事 自己啓発・本 備える住まい 建物訪問 セミナー その他

>> 続きを読む

外から見えにくいレースはどれぐらい見えないのか?廊下に面している窓の外から見えない工夫の例。 (土, 30 6月 2018)
自宅の寝室のレースです。カーテンは、悩んでまだ選べていない状況のときの写真です。 今は、カーテンはついています。   このカーテンよく見てもらうと、1枚でつくっています。普通は窓の開け閉めがしやすいよう、真ん中で分けて2枚ということが多いのです。それだとレースの間から部屋が見えてしまいそうでなので、注文して1枚で仕上げました。確かに開け閉めは端側からしないといけませんが、それほど大きい窓でもないので、そんなに不便ではありません。真ん中のレースがぱっかり開いた状態にはならないので、個人的に使い勝手はいいです。 プライバシー性の高いレースなので、夜レースだけで部屋の中に照明をつけていても、外からみえません。 どれぐらい見えないのか?写真をとってみました。これは部屋の様子。スポットライトを壁面に向けて、間接照明として使っています。 こちらは、外から見た写真です。 廊下側に面しているので、窓を開けて網戸にしていても、電気をつけたときに見えないもの、ということでレースを選びましたが、しっかりが効果ありました。 夜はもちろんカーテンをすればいいのですが、雨の日など外が暗い日に、部屋の電気をつけると外から見えるのは気になります。このプライバシーの高いレースは、ミラーレースより密度が高く、視線を気にしないでもいいかわりに、外の景色は透けません。もともと廊下側は、型ガラスで外が見えない仕様なので、ちょうどいい選択でした。   同じように視線が気になる、窓を開けたい!という場合には、ミラーレースよりより視線を遮るレースも検討されると良いと思います。 メルマガ登録 ■メルマガ「住まいを楽しむ・ととのえる」は、インテリア、アート、収納、お片付け、ライフスタイルに関わる内容を配信しています。    ブログカテゴリ インテリア・デザイン アートライフ お片付け  子育て・家事 自己啓発・本 備える住まい 建物訪問 セミナー その他

>> 続きを読む