旅での持ち物の気づき

11月末から10日間アメリカに研修旅行に行ってきました。

訪問したところは、
ピッツバーグのフランクロイドライトが作った落水荘、
その近くにあるライトの作った別荘ケンタックノブ、
イェール大学、グラスハウスフィリップジョンソンの家、
ニューヨークでは自由の女神、
メトロポリタン美術館、 MoMA、 グッケンハイム美術館、
アートギャラリーを巡り、杉本博司さんのスタジオを見学、
ソールライター(写真家)の家を見学し、
マイアミでは市内観光と共にアートバーゼルマイアミを見に行きました。
かなり盛りだくさんでした。整理しながらブログにもアップしていきたいと思います。

ところで、今回10日間という旅行だったのですが、 ピッツバーグやニューヨークは東京よりも寒く、マイアミは東京の9月から10月の気候でした。なので服を選ぶのに困りました。なるべく荷物は減らしたいけれども寒いのを我慢するのは嫌なので、しっかり備えました。そして宿泊数も多いので、着替えもそれなりに必要でした。

目次

旅行での気づき

飛行機の荷物は厳しいからスーツケースはそれなりのサイズであればいい。

今回の旅行で痛感したのは、飛行機の預け入れ荷物が厳しくなっていることです。スーツケースの重さが重量制限23 kg 以上になると、追加料金が1万円以上かかるためスーツケースが大きくても、重くなってしまうため、あまり意味がないと思いました。今回使ったの飛行機は、預け入れのスーツケースは2個まで大丈夫でしたので、もし超過する場合は新しくスーツケースを購入して預けるのが一番お金がかからないです。お客様のところに行くと、スーツケースの保管場所に困られている方が比較的多いと感じます。サイズが大小サイズなら、スーツケースの中にスーツケースを入れて保管するのも手です。

手荷物は少なくするのが良い

機内持ち込みにする場合、慌てて荷物を出すと、手荷物検査でひっかかるものだったという可能性も高いので、あらかじめ決めておくと良さそうです。
そして機内持ち込みの荷物が増えると移動が大変です。手荷物検査も手間が増えます。さらに機内持ち込みの荷物も、大きな鞄が一つ、小さな鞄が一つと数が制限されていました。それ以上のものは、免税店で買ったおみやででも、飛行機に乗る前にキャビンアテンダントに預けないといけませんでした。

機内持ち込みの大きな荷物についても、スーツケースを機内持ち込みする方が増え、早く飛行機に入らないと、荷物の場所が自分の座席近くに確保できない場合が最近増えています。また、足元になるべく小さな荷物を入れるようにアナウンスしていた飛行機もありました。そのような状況なので、預入するスーツケースになるべく入れるできるだけ手荷物を減らすのがいいという結論に至りました。 

服を選ぶときの私の基準は、旅行に持って行けるか

移動も多くため動きやすいもの、きちんと見える服にしたい!
気温の差があるので、長袖と半袖を用意するとなるとどんどん持ち物が増えました。アメリカでも買えますが、旅行のスケジュールがタイトで、すぐに買えるかわからないため、自分が安心できる量を持って行くことにしました。
実際は、とても寒く持っていた服や帽子がとても役には立ちました。

着心地が良いもの
他の洋服に合わせやすいもの
見た目がいいもの
アイロンもかけなくてもいいもの です。

そのように旅行に持って行きやすいものを並べると、結局その時の自分のお気に入りだったと気づきました。なので今度から服を選ぶときは、旅行に持っていきたいかを基準にしてみようと思います。自分の理想は、荷物の少ない人ですが、理想より遠い現実です。心配性なので、ついつい色々状況を想定し詰め込んでしまいますが、理想に近づけるようこれからも工夫していきたいです。

準備しておいて良かったこと

飛行機の中で使う、枕アイマスク、耳栓を別の袋に入れてすぐに取り出せるようにしたことは作業がスムーズでした。
手荷物検査に備え、パソコンや携帯 wi-fi の機器などすぐ取り出せれるように、
メッシュの袋に入れたので取り出しもスムーズでした。

旅行中便利だったもの

エコバックが便利でした。寒い季節の場合、コートやマフラー帽子や手袋などを部屋に入ると脱ぎたいとき袋に入れると手が空き、落とし物もなく便利です。
美術館であればクロークに預ければいいのですが、混み合っていたので時間がない時にはエコバックが重宝しました。

買い物のショッピングバッグが持ちにくい時にも、にエコバッグが役に立ちました。旅行の時は、写真を撮ることが多く、肩からかけられるエコバッグは手が使えるので便利です。

旅行中欲しかったもの

湯沸かし器です。今回の旅行で泊まったホテルには、湯沸かし器がほとんどありませんでした。代わりにカプセル式のコーヒーメーカーが置かれていました。苦肉の策として、今回はコーヒーメーカーでお湯を沸かしました。寒い季節は、温かいお茶が飲みたくなるので、湯沸かし器があるといいなと思いました。

今度から持って行くと決めたもの

電源コードは複数用意するのがいいと思いました。実は今回旅行中に、充電中の携帯を床に落としてしまい、充電コードをが壊われてしまいました。
コードは1つしか無かったのですが、たまたますぐ購入で良かったですが
高くつきました。携帯の充電ができないと写真が撮れない、連絡がとれないウーバーが呼べない地図を検索できないと致命的なので、予備のコードは次回から持って行こうと思いました。

以上、みなさんの参考になれば嬉しいです。