こどもスペースを整える 訪問アドバイス事例

先日、訪問アドバイスにお伺いしました。

北欧風のインテリアが好きで、DIYしながらお部屋を楽しんでいる4人家族のお客様。

今回のご相談内容は、

 

 

特に、リビングの横の和室を、もっとこどもが遊びたくなるスペースにしたいというご希望でした。

  • 持っているのテーブルをこどもの机として使いたい
  • 今使っている家具も使えるのであれば使いたい
  • こども達がそこで遊びたくなる部屋にしたい
  • 幼稚園や小学校のお仕度もできるようにしたい
  • リビングからも見えるので、すっきりさせたい

ご希望をもとに、こどもの成長に合わせてどのように家具をそろえると良いかをお話ししました。

 

 

「背の高い本棚も置きたい」とお話しもありました。

背の高い本棚は、地震時を考えると固定が必要なこと、本棚が固定されていても、地震で揺れると本が落ちてくることがあること、今後のお部屋の使い方も変わりそうなことから、今回は見送りすることになりました。

 

最終的に、

  • こども達が自分たちでお仕度できるように、取り出しやすい位置に服やハンカチを置く
  • テーブルの近くは、本や文具類を近くに置く
  • お仕度のエリア、遊ぶエリアを分ける

ということを実現するための、家具のレイアウトと、家具を提案しました。

お客様には、「この通り部屋をつくります!一気に楽しみになってきました」とコメントいただきました。

良かったです。

ブログカテゴリ


メルマガ「住まいを楽しむ・ととのえる」は、インテリア、アート、収納、お片付け、ライフスタイルに関わる内容を配信しています。  

チームラボプラネッツに出かけました。楽しかったけれど着る服は気を付けないと。
>> 続きを読む

TUTAYA BOOK APARTMENTのインテリアと、落ち着く部屋にするための自宅でできる工夫
>> 続きを読む

外から見えにくいレースはどれぐらい見えないのか?廊下に面している窓の外から見えない工夫の例。
>> 続きを読む