備える住まい


災害時に役立つアイディアと工夫のある住まい、レジリエンス力を高める収納計画

備蓄について「何を、どこに、どのように収納するか?」考えていますか?家を建てるとき、選ぶとき、そして今住んでいる住まいに、役立つ災害時に備える【備蓄収納】についてお伝えします。

 

どんなものを備蓄したらいいかをまとめているリストを見たことがあると思います。実際にそれらをそろえられていますか?

私自身、以前の備蓄を見直したら、こどものおむつが入っていました。そのときすでにこどもは、おむつが必要ではありませんでした。

住んでいる人も年齢も違うと、必要なものも変わってきます。

時どき見直しが必要ですね。


続きを読む

災害時に役立つアイディアと工夫のある住まい、住まいのレジリエンス力を高めるアイテム

賃貸や新築でなくてもできること


 

新築だけでなく、賃貸や既存の住まいのレジリエンス力を高めるアイテムをご紹介します。

  • 蓄電池・発電機などで、電気の確保をする
  • 備蓄場所を確保する
  • 雨水タンク、薪ストーブ などです

今回は新築戸建ての計画だけでなく、既存の住まいや賃貸でもできる工夫も合わせてご紹介したいと思います。

 


続きを読む

災害時に役立つアイディアと工夫のある住まい、レジリエンス力を高める

今すぐできるレジリエンス力の高め方


すぐにできる、レジリエンス力を高める方法は、

まずは備蓄の見直しです。

そんなの当たり前ということかもしれないのですが、その備蓄している非常食を食べたことがありますか?

以前、友人と「防災キャンプ」をしました。

実際に体験すると気付くことが、いろいろとありました。

 

 


続きを読む

【備える住まい】何よりも確認しておきたい家族との連帯

住まい,片付け,相談,横浜
防災

もしものとき、家族とどのような行動をとるか、

連絡方法など決めていますか?

 

もし子供が一人お留守番をしているときどのように行動するか、

子供と話をしたことがあるでしょうか?

 

大人だと携帯でなんとか連絡をとれるかもしれません。

もし、子供が一人お留守番をしているときに地震がくるかもしれません。

もしかすると外出先かもしれません。

その時のために、子供とどうするか?を話しておくことが大事です。


続きを読む

【備える住まい】もしもの時のために用意して置くものの場所が大事

今現在、自宅に何日分の備蓄を用意されていますか?
横浜市のHP(こちら)では、最低3日分を用意しましょうとなっています。

 また、農林水産省の新型インフルエンザに備えたときの防災備蓄として2週間分の食料を準備する内容となっています。(こちら)

(2016年10月修正)

2週間分は、ある程度収納場所を必要とします。

また家族の年齢によっても、必要なものが変わります。 


続きを読む