こどもと年に何回美術館へ行きますか?

年にどのぐらい美術館へ行きますか?


「平成25年度小学生・中学生の意識に対する調査」が内閣府HPでみることができます。その中で驚いたのが、
「博物館,美術館,図書館,映画,演劇などに連れて行く ようにしている 」という保護者に対する質問で、
あてはまるが『32.1%』
さらに平成18年と比較すると
37.5%→32.1%と減っている!ことです。
これ美術館だけではありません、博物館や図書館、映画もはいっています。そうすると美術館に行っている人ってどれぐらいなのだろうといろいろアンケート結果をしらべましたが、どうやら少なさそうです。
皆さんは、こどもと美術館へ年にどのぐらい行きますか?
大人同士、または一人で年にどのぐらい行きますか?

こどもがアートに触れることの大事さ


アートって必要でしょうか?
何のために必要だと思いますか?
私自身は、数年前までは美術は好きできたが、それほどこどもに美術を触れさせることをしていませんでした。
数年前に、現代アートについてより触れるようになってから、また学びはじめてから、これからのこどもが大きくなっていくときに、アートに触れ、感じ、気付いたりすることってとても大事だと感じました。
「教養」という意味だけでなく、「自由」な美術から得られるものはたくさんあります。これからのビジネスでだと考えます。

子どもと美術館に行くイベントを実施しました


自分もそうでしたが、こどもと美術館へ行くことへ難しさや抵抗を感じる方も多いと思います。静かにさせなきゃとか思いますよね。
一人だと不安という人も、数人で行くことで行きやすくなるかなと思い、こどもと美術館へ行くイベントをしました。
場所は、東京の国立近代美術館。この美術館は、子どもにも親しみやすい作品が置かれています。子どもにアートを触れさせたいと思う方にお勧め。特に、平日の常設展がオススメです。
いくらアート作品が良くても、混雑して人がいっぱいでは、ゆっくり作品を見ることができないです。特に子ども達も見づらいです。
今回は小さな子どもさんも一緒だったので、無理せず子どものペースで、楽しかったと思って帰ってもらえることを大事にしました。
楽しくないと、もう行きたくないと思われるのはとても残念です。
今回は、アートの入り口として対話型鑑賞法をご紹介しながら、お子様との対話を楽しんでもらおうという企画でした。本当は私がガイドする予定でしたが、結果、私の息子達が、自分達より小さな子の手を引きながら、ガイドをしてしまいました。楽しそうだったので、それもいいのかな。
少しずつでもアートに触れる機会を増やしていきたいと思います。

2017年夏 横浜トリエンナーレの開催に合わせて、セミナー&ワークショップを行います。こどもと一緒にアートに触れて、学ぶ機会になればと思います!

 

自由研究に悩まない 半日で完成! 

『アーティストとつくる アートのワークショップ』&

私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らしセミナー

→詳しくはこちら




インテリアコーディネーター 1級建築士

アートライフスタイリスト・マスター

整理収納アドバイザー

中西プロフィール


www.racrea.com Blog Feed

こどもがのびのび遊べる遊び場 プレイパークってどんな場所? (日, 23 7月 2017)
>> 続きを読む

これからの子供達に必要な能力は何?21世紀型能力とは? (木, 20 7月 2017)
>> 続きを読む

ソファの後ろにアートを飾る 小さなアートの飾るポイント (日, 16 7月 2017)
>> 続きを読む