廊下をギャラリーに

廊下をギャラリーのように、たくさんの作品や写真を飾ってみてはどうでしょうか?

 

廊下は比較的飾りやすい場所です。

先日、「アートを飾る壁がないんです」という方がいらっしゃいましたが、

「廊下は?」と聞いてみると、「廊下なら飾れる壁があります。」と言われていました。

 

今廊下には、4つ飾っています。

家族の写真、こどもの写真(小さいころ)。

そして先日購入したイクタケマコトさんの『やさしいこどもたち かいじゅう』も一緒に。


こどもの小さいころの写真としているのは、

「こんなかわいいときがあった」と自分に振り返られるように。

そして、癒やされて、子ども達にやさしく接することができるようにという思いからです。

 

そんな子ども達の写真の横にぴったりの『やさしいこどもたち かいじゅう』の作品。やさしい子ども達は、時には『かいじゅう』になることがあります。そんな時、いつも目に触れるところに、癒やされる、自分が優しい気持ちになる作品があると、心を落ち着かせることができます。




インテリアコーディネーター 1級建築士

アートライフスタイリスト・マスター

整理収納アドバイザー

中西プロフィール


www.racrea.com Blog Feed

セミナー報告と今後の予定 (月, 21 8月 2017)
>> 続きを読む

こどもがのびのび遊べる遊び場 プレイパークってどんな場所? (日, 23 7月 2017)
>> 続きを読む

これからの子供達に必要な能力は何?21世紀型能力とは? (木, 20 7月 2017)
>> 続きを読む