· 

美しく、スッキリと収納するポイント

先日訪問アドバイスに伺ったお客様から

「収納を美しく、スッキリと収納するにはどうしたらいいか」

と聞かれました。

 

収納を美しく、スッキリ見せるポイントは、

  • 高さ 

この3つを整え、リズムをつくることです。



色は、少ないほとすっきりと見えます。

インテリアでは、「つまらない」と感じます。

しかし、収納は、目に入る情報が少ない方が、ものを把握しやすいです。

置いている「もの」がばらばらの色でまとまりがないようであれば、同じ色のボックスやかごを使う方法もあります。

その場合は、「もの」が見えなくなるので、ラベルをつけるなど見つけやすい工夫が必要です。

 

本棚の本を色別に分けて収納してみました。

いかがでしょうか?

ばらばらのときより、すっきり見えますか。

私は、自分でカバーをつくったりする手間をかけれないと思って、

本棚の見た目はあきらめていました。

この方法だと、手軽にできます。

テーマに沿って本を並べるのは難しくなります。

でもこれを実行して、自分の本棚が好きになりました。



収納ボックス、ハンガー、かごの形を同じものにそろえると、スッキリ度が増します。

同じものが複数あると、心地よいリズムが生まれ、見た目が整います。見える、オープン収納は、小物類も費用をかけて形の良いものを使うと良いでしょう。

扉の中に隠れてしまう、クローズ収納の中は、費用のバランスを見ながら選びましょう。できればあとで買い足しできるものがおすすめです。

 

クローゼットを整えるときに、ハンガーはなるべく同じものでそろえるようにします。

費用と手間が最初はかかりますが、見た目はかなり変わります。

私が使っているのは、マノワハンガー。

木のハンガーは見た目が良いですが、重く、かさばるのことで辞めました。以前はすべらないハンガーを使っていましたが、色がばらばらになること、色がピンクなど浮いてしまうことから、黒いハンガーにしました。


高さ


本などは、高さをそろえると、見た目がよくなります。

まずはそろえる。そして慣れてきたら、少し崩してみるのも、変化が生まれて楽しいです。

 

本棚の本を高さ別にする。

収納家具の高さをそろえる。

など、地味ですが印象が変わります。

 

形が違う収納でも、高さがそろっていると、きれいに見えます。

「色」「形」「高さ」を使いこなせると、美しい収納になります。

ものの量が多い方は、まずはものの量をコントロールすル方法や、ものの量を見直すことからはじめると、無駄な収納を増やすことを防げます。なので、お片付けを始める場合は、ものの量をコントロールするということをおすすめします。

 

でも片づけのモチベーションを保つには、見た目も大事です。

一番目立つ、気になる場所を整えてあげるといいかもしれません。




インテリアコーディネーター 1級建築士

アートライフスタイリスト・マスター

整理収納アドバイザー

中西プロフィール


www.racrea.com Blog Feed

犬・猫と楽しく住めるお部屋づくり 川崎市のアパート編 (土, 09 12月 2017)
>> 続きを読む

JAPANTEX2017でクイズに参加しました (火, 21 11月 2017)
>> 続きを読む

赤ちゃんが泣かない「赤ちゃん木育広場」、木とふれて遊べる、東京おもちゃ美術館 (月, 06 11月 2017)
>> 続きを読む