· 

町散策アート 天王洲アイル

仕事でいろいろな場所に行くと、最近アートの目がとまるようになりました。毎日同じ場所を通る人には、めずらしくないと思うかもしれません。でもじっとみると、味わい深い作品も置かれています。

出先で出会ったアート作品を今日はご紹介したいと思います。

 

天王洲アイルの駅近くは、おもしろいです。

駅徒歩5分ぐらいのところに、アート作品やワインなども預かっている寺田倉庫があります。ビルの1階には、写真のような壁画があります。遠くでみると、文字のような、絵のような感じがします。


天王洲アイル 寺田倉庫付近の街並み

近くによると、モザイクの素材が見えてきます。よく見ると、でこぼこした小石サイズのものもついています。

遠くから見たとき、近くに寄ったとき受ける印象は変わります。

特に近づいたとき、それぞれのモザイクの素材の美しさや面白さが見えてきます。

 

作品の左側には、作者についての説明があります。

この作品は、利根山光人「いしぶみ」マヤへのオマージュの意味が込められた作品だそうです。


そして歩くと、大きなゴミ箱がありました。もちろん本物ではありません。三島美喜代「Work 2012」です。天王洲アイル周辺は、さまざまなアートが町に溶け込んでいる場所でした。




www.racrea.com Blog Feed

大正、昭和と今の家事の時間から、自分の時間の使い方を振り返る (木, 19 4月 2018)
>> 続きを読む

東急田園都市線 5月にオススメのお菓子 (木, 19 4月 2018)
>> 続きを読む

小学校の用意がしやすいように「こども部屋」の模様がえ、IKEAの家具を使った例 (火, 17 4月 2018)
>> 続きを読む