· 

寝室の収納とお片付け

第一印象を整える

一番目につくところを整えることは、一番効果的です。

人の印象も第一印象が大きく影響されるように、お部屋も第一印象を良くすることで、部屋全体の印象が良くなります。

今回は、寝室の片づけと部屋の印象を良くするインテリアコーディネートについてまとめました。

 

下の白黒の写真は、寝室の入り口正面に置いていた棚です。
寝室は、寝るときにしかあまり使わない部屋なので、部屋を整えるのを後回しにしてきました。

オープンの棚に、収納で分けて使うようにしていましたが、オープン収納の見た目を整えるのは、スキルが必要になります。


どんな風に整えるか、検討することにしました。

まず今あるもので、見栄えを良くできないか検討しました。

とりあえず、無印の中が見えない収納を並べてチェスト代わりにしてみました。

やはり、扉がついていて中が見えない収納は、すっきり見えることを確認。

実際に生活を少ししてみて、今後どのような収納があれば良いかを検討することに。



まず家具を決めるときの条件としては、

・衣類を収納できるチェスト

・引き出しの有効高さは、20cmぐらい

・レールがついていて、出し入れしやすい引き出し

・デザインは、できればクラッシックテイスト

・色は濃いめで、落ち着いた雰囲気にしたい

 

・自分で塗装してみたいので、無垢の素材も検討

・取手も入れ替えしてみたいので、つまみタイプ希望

・永く使うことも考えオーダーでつくることも検討

 

ということを考え、商品を絞っていきました。

結局住まいが賃貸ということ、寝室なので人目にあまりふれないということから、ちょうどよい商品があったので、費用をあまりかけずIKEAの家具に決定しました。


家具の大きさが大きすぎないかも気になったので、IKEAに行き、早速チェストの実物を確認しました。

大変だったのは、箱の重さが35kgあり、一人で運ぶには、とても重かったことです。

 

 途中、組みたて方を少し間違っていたので、やり直しはありましたが、工具があったので、組み立ては難しくはありませんでした。

 

組み立て家具の場合、大事なのは作業場所の確保でしょうか。組み立て場所と設置場所が離れていない方が、移動の手間がありません。なるべく設置場所近くに、作業場所が確保できることが理想です。

そして、完成。小さなインテリアですが、部屋の印象はずいぶん変わりました。

チェストの色と、デザインの効果ですね。

 

用途にあった、使いやすい、取り出しやすい収納、を使うと生活しやすくなります。

そして、見た目も良い収納を使うことで、部屋をきれいに整えるモチベーションもアップします。

また、部屋に入るとき一番目にとまる場所を整えると、部屋に入ったときとても気持ちが良くなり効果的です。




www.racrea.com Blog Feed

犬・猫と楽しく住めるお部屋づくり 川崎市のアパート編 (土, 09 12月 2017)
>> 続きを読む

JAPANTEX2017でクイズに参加しました (火, 21 11月 2017)
>> 続きを読む

赤ちゃんが泣かない「赤ちゃん木育広場」、木とふれて遊べる、東京おもちゃ美術館 (月, 06 11月 2017)
>> 続きを読む