· 

子どもが楽しめる美術館

写真:横浜美術館HPより

子どもが楽しめる横浜美術館・こどものアトリエプログラム

横浜美術館のこどものアトリエは、小学校6年生(12歳)までの子どもたちを対象とした造形体験のプログラム。

特に「親子のフリーゾーン」は、広い場所で、ねんどやえのぐ、かみを使って、自由に形をつくって楽しめます。


日曜日しかないのが残念ですが、美術館で少し美術鑑賞したあとは、思いっきり創造力を働かせて

親子のフリーゾーンで楽しむのは、おすすめです。

以前行ったとき、私の子どもも、まわりの創作意欲に刺激されてか、積極的につくっていました。

また「楽しかった。また、いきたい。」と言っていました。

 

2016年8月より入場方法が、事前申し込みに変わるようです。

以前行ったときは人でひしめきあっていたので、不便にはなりますが、こどもが創作しやすいようになるので

あればいいなと思います。

 

時間は、10時~11時30分なので、少し早めにきりあげてお昼ごはんを食べるといいと思います。

近くには、食事をできるところも多ですが、混み合うので早めが良いと思います。

お天気がよければ、公園など外で食べるのもいいかもしれません。

写真:横浜美術館HPより

こどもが触れるアート 子どものアトリエ展示

子どものアトリエ展示では、なんと、子どもがさわっていいアートがかざられています。

手で見るギャラリーは、アトリエ入り口付近に「触ってもいい」彫刻作品6体(作:江田正盛)が設置されています。

ぜひ行かれたかたは、子どもに「これはさわっていいんだよ」と触らせてあげてください! 

写真:横浜美術館HPより

子どもが興味をもちそうなアート展示・子どものアトリエギャラリー

「親子のフリーゾーン」に行かれたときには、アトリエ内の子どものアトリエギャラリーも除いてみてください。

子どもが興味をもちそうな、展示がされています。
作品は、半年ごとにかわるようです。

一般公開はしていないので、ご注意ください。

詳しくは、下記にリンクを貼っていますので、ご覧下さい。


横浜美術館のこどものアトリエプログラムについて(横浜美術館HP)

 

●親子のフリーゾーン

 「ねんど」「えのぐ」「かみ」などの基本的な素材を使い、親子で楽しめる造形体験の場。

 個人で参加する12歳までの子どもと保護者の方を対象
   ・日曜日の10時~11時30分(入場は11時まで、月3回程度)

 ・保護者および中学生以上は有料(1人100円)

 ・事前申込み不要、定員制

 親子のフリーゾーンについてのパンフ

 親子のフリーゾーン(横浜美術館HP)

 

●ワークショップ(事前申し込み制)

子どものアトリエの展示

●夏休み子どもフェスタ

などがあります。



www.racrea.com Blog Feed

犬・猫と楽しく住めるお部屋づくり 川崎市のアパート編 (土, 09 12月 2017)
>> 続きを読む

JAPANTEX2017でクイズに参加しました (火, 21 11月 2017)
>> 続きを読む

赤ちゃんが泣かない「赤ちゃん木育広場」、木とふれて遊べる、東京おもちゃ美術館 (月, 06 11月 2017)
>> 続きを読む