インテリアコーディネーターが教える、産後にあわてない、出産前にできるお部屋の整え方

インテリアと収納のアドバイザーが考える産前産後のお部屋の整え方


出産後は、思うようにいかない


 私と主人の実家は大阪ですが、横浜で出産しました。

産後は1週間ほど親にきてもらい過ごしましたが、そのあとは夫と二人でなんとか乗り切りました。

産休、育休をとっていましたが、保育所の空きのあるタイミングで仕事に復帰。

上の子も下の子も、約10か月ぐらいで保育園にお世話になりました。

 

さて、はじめての出産直後、睡魔に襲われ、体も思うように動かない、赤ちゃんのお世話だけでこんなにフラフラになるとは思っていませんでした。

 特に初めての子供の時は、勝手がわからず不安になることもたくさんありました。

 赤ちゃんがあんまりミルクを飲まない

はじめてで母乳でまだ出にくい

自分の体もあちこち痛む・・・不安がいっぱいな出産後でした。

 

先日出産後の知り合いの方のお片付けの手伝いをしました。

その人も、片付けは自分でできる人なのですが、出産後のカラダの疲れでそれどころではなく、自分ではどうしたらいいか??わからなくなったと相談を受けました。

出産前と出産後では、カラダの状態は変わります。自分で思っているほどには、動けないです。

 

また、出産後1か月ほどは、無理をせず過ごすことが大事です。

無理をそすると、その後の体の回復に大きく影響するようです。

なので、少しでもカラダを動かしやすい出産前にお部屋を整えるポイントをお伝えしたいと思います。

1.リビングに赤ちゃんスペースを確保


 リビングでお世話できる場所を確保しましょう。

 なるべく掃除が楽なように、すっきりお部屋を整えるのがおすすめです。

このころは赤ちゃんはまだ好き勝手に動きませんが、動き出すと色々なものを口に入れる可能性もでてきます。

安全確保のためにも、あまり物がでていない状況をつくる方が、のちのち安心です。

 

 

 そして、赤ちゃんのお世話に必要な、オムツ、おしりふき、タオル、着替えを置く場所をリビングにつくりましょう。できれば、おむつ、おしりふき、ティッシュ、綿棒、ビニール袋(ゴミ袋)、おむつ替えのためのマットなどは、一式カゴなどに入れ、まとめて移動できるおむつ替えセットを作っておくと楽です。

 

最後に、ミルクを上げていると、うとうとしてしまうこともあります。

自分の横になれるスペースも確保しておきましょう。

2.ミルクを作る道具一式の置き場を確保


 

 ミルクを作る道具の場所を確保しましょう。

煮沸するもの、哺乳瓶、哺乳瓶を洗う道具など、いろいろ物が増えます。

しばらくは良く使うものなので、使いやすく、見た目もよさそうな場所を確保しましょう。

 

また、それらの位置が夫や子供、両親が代わりに赤ちゃんのお世話をするときにもわかりやすいように、ラベリングなどをしておきましょう。「いちいち場所を聞かなくても、わかる!」が理想です。

 

 

 私は母乳で育てようと思っている人も、ミルクをつくる準備は必要です。

 例えばいつ体調を崩すか分かりません。

 私は2人目が3ヶ月の時、盲腸になり突然入院することになりました。

 

その時順調に母乳が出ていたので、全くミルクを飲ましていませんでした。

そのため、手伝いに来てくれた主人の母は、かなり大変だったと思います。

いつ誰かに預けないといけない時が来るかわからないので、ミルクも飲めるように時々飲ませることも大事だなーと痛感しました。

 

3.お風呂動線をスムーズにする


赤ちゃんが家にきて、大変なことの1つに、お風呂の時間があります。

特に首がすわっていないときは、特に気をつかいます。

 

どこでお風呂に入れるか。お風呂の中か、洗面化粧台か。。。

どこで体を拭くか。洗面所かリビングか。。。

 

体を拭くところでは、おへその消毒の道具、綿棒などが必要です。

特に冬は、寒い場所は避けた方がいいので、暖房を使うか、暖かい部屋でするかなど、なんとなくでも具体的な作業をイメージして、なるべくスムーズにできるように掃除と片付けをしましょう。

 

最後に、いざという時の食料を確保


余談となりますが、、、、

両親が近くにいないこともあったので、思うことですが、自分の食料確保も大事です。

母乳をあげるのであればなお、自分の食事も大事です。

体にいいものを食べたいところですが、体の調子が整っていないときは、冷凍食品など無理をせず簡単に作って食べれるものを用意しておくと安心です。



www.racrea.com Blog Feed

セミナー報告と今後の予定 (月, 21 8月 2017)
// 可能性を広げるアートのある暮らし 8月11日(金)に横浜開港記念館でセミナーを開催しました。 こども達は、アーティストといっしょにアートをつくるワークショップをしました。 お母様達もアートの力や魅力、アートの必要性を感じていただいたようです。今回は、セミナーに、ワークショップに、横浜トリエンナーレのみどころと盛りだくさんの内容でした。
// 会場の横浜開港記念館には、横浜トリエンナーレの作品として 柳幸典さんの、Projyect God-ZIlla -Landscape with an Eye-    の展示が見られます。地下の雰囲気にマッチしていて、ちょっとドキッとする作品です。こども達にも「なんだこれ?」と怖いながらも楽しめる作品ではないかと思います。 写真は暗い中で撮ったので、目だけです。
// どれも個性的でした。こども達も生き生きと自分達の作品を紹介してくれました。私の中の勝手なイメージでは、平面作品ができると思っていましたが、立体の作品をつくっているこども達も!! そこがまた自由でいいなと思いましたが、持って帰るお母さんが大変だったと思います。今回こどものワークショップに協力いただいたアーティストは、アートライフスタイリストの仲間でもある藤田あかねさん 明るく楽しい元気がもらえる先生です。 こども達のワークショップやセミナーでは、アートライフスタイリストの仲間に支えていただ開催できました。ありがとうございました。 今後の予定としては、10月に入門講座と基礎講座を開催予定です。
ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む

こどもがのびのび遊べる遊び場 プレイパークってどんな場所? (日, 23 7月 2017)
// プレイパークとは? プレイパークは、こども達が思いっきり遊べるように、禁止事項をなるべくなくした遊び場です。自分の責任で自由に遊ぶことを大切にしています。 例えば、泥遊び、たき火、ロープやブランコ、工作などで遊べます。ボランティアを中心として団体による活動で、無料で自由に利用することができます。
// // こういう私は、ちょっと前までプレイパークの存在をしりませんでした。でも一度こどもと行ったら、こどもがとっても楽しそう!なんでもっと早く行かなかったのだろうと後悔しました。私が実際行ったのは、世田谷のプレーパーク。   木に登れたり、小屋に登れたり、廃材で秘密基地を思う存分つくれたりできる場所でした。 //
// // // 他の場所のプレイパークにも行ってみたくなり、川崎市にあるプレイパークに行きました。南部線津田山駅から徒歩5分にある川﨑子ども夢パークです。ここは、広くて明るくて、水も豊富。井戸水をつかっているそうです。閉鎖された空間なので、親も安心してみていられます。   そして、気付いたらこどもは、泥人間と化していました。 周りにも泥人間がいっぱい!!着替え必須です。 そして、汚れてもいい服! お弁当もあると楽しめます。 気持ちいいぐらいのびのび遊んでいました。 //
こども達って、遊びからいろいろ学びます。プレイパークは禁止事項が少ないから、本当に自由に思うがママ遊んでいます。こんなに素敵な場所を提供してくれている方に感謝です。   調べてみると横浜市青葉区の公園でも月に1回プレイパークが開催されているようなので、今度行ってみたいと思います。まだ体験されていない方は、お住まいの近くのプレイパーク行ってみてください。   横浜市プレイパークについてはこちら 2017年8月11日  私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らしセミナー&自由研究完成!アートのワークショップを開催します。詳しくはこちら ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む

これからの子供達に必要な能力は何?21世紀型能力とは? (木, 20 7月 2017)
// 21世紀型能力ってなに? 21世紀型能力って聞いたことがありますか? 私はアートの本を読んでいるときに知りました。 そして、5月に小学校のPTA総会で、先生の教育方針の話のときにも「21世紀型能力」についての話がありました。 これから私達が想像もしない職業にこども達がつくのだと思うと、今まで違う学びも必要なのだと考えます。
国立教育政策研究所の発表している21世紀型能力についてhttp://www.nier.go.jp/05_kenkyu_seika/pf_pdf/20130627_4.pdf   抜粋 ーーーー 生きる力としての知・徳・体を構成する資質・能力から、教科・領域横断的に学習することが求められる能力を資質・能力として抽出し、これまで日本の学校教育が培ってきた資質・能力を踏まえつつ、それらを「基礎」「思考」「実践」の観点で再構築した日本型資質・能力の枠組みである   「基礎力」 言語、数量、情報 「思考力」 問題解決、発見力、想像力、論理的・批判的思考力、メタ認知、適応的学習力  「実践力」 自律的活動力 人間関係形成力 社会参画力 持続可能な未来への責任 ・・・ まとめると 今までの学校教育で学んできたような「基礎力」をつかって「考え」、それを「実践」していく能力が求められるそうです。 思考力は、社会人になってビジネス書にかかれているような、問題を発見する力や広い視野で考えることができること、枠組みを外れて考えるなどの力。そしてそれらを活用して、実践していく力がこれからの時代に必要ということが書かれています。   時代背景として、グローバル化、AIの発達、そして今想像できないよう変化があるから、それに対応できる力ということだと思います。 どうすれば身につくか 一人の親として、これからこどもが成長する中で、どうこれらを身につけていけるのか?考えます。 知識を知っていることより、それらを使い考え、活用する力がもとめられています。   小学校の様子を聞くと、私が教育を受けていたうん十年前より、調べたこと(知識)を使って考えたり、活用したりすることをするようにカリキュラムが進められているのだと感じます。 でも学校は、生徒35人に先生が1人なので、細かなフォローまでは難しい状況です。なので、全て学校でとはいかないと考えます。   なので、1つの方法として「家庭学習」があります。 私のこどもも思春期に入ってきました。そうなるとなかなか思うようにはなりません。自分の「思うように」は「自分でない人」を動かすということはできません。親野智可等さんの講演を聴いたとき、「自分で必要だと思わない限りは、人は変わらない」と話がありました。 それも自分で「失敗」して、「変わらなきゃ」と思わないと「変わらない」そうです。それでも「変わる」というのは難しい。   私が心がけているのは、とりあえず「失敗」させること。 親が手出ししすぎないこと。 ついつい時間がないと手をだしてしまうのですが、なるべく抑えるように心がけをしています。そっちの方がいらいらすることもありますが。 こどもの「生きる力」を育つ機会を増やしてあげたいと思います。 ◆2017年8月11日に「こどもが自由研究している間に、親はアートを学べる」セミナー開催します。  タイトルは、『私とこどもの可能性を広げるアートのある暮らし』です。詳しくは、こちら ブログカテゴリ インテリア コーディネート アート お片づけ 訪問アドバイス オーダー家具 建築 子育・家事・時短 おすすめ本 その他 インテリアコーディネーター 1級建築士 アートライフスタイリスト・マスター 整理収納アドバイザー 中西プロフィール NEWS //

>> 続きを読む