· 

インテリアコーディネーターが教える、出産前にできる 出産後にあわてないお部屋の整え方 2

インテリアと収納のアドバイザーが考える産前産後のお部屋の整え方


生まれてから1か月〜


生まれてから1か月ごろになると、1か月検診を終え、少しお出かけできるようになります。

お宮参りをしたりもこのころでしょうか。

初めての子どものとき、赤ちゃんを人込みに連れていくのが怖かったのを覚えています。

2人目は、ちょっと気にはしましたが、お兄ちゃんの用事もあるのでそんな事は言っていられなかったです。

1.お出かけに備える


この時期ぐらいから考えるのが、ベビーカーの置き場。今は、私の頃と違ってさらにベビーカーの種類が豊富になっていますが、でも変わらないのは、ベビーカーは思った以上に場所をとることです。

置き場所となるのは、だいたい玄関廻りですよね。

玄関廻りにスペースがあるか、どのぐらいであれば邪魔にならないか、場所の広さによってベビーカーを選ぶのと失敗がないと思います。(近い将来引っ越しを考えている方は、そこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが)

 

そしてお出かけできるようになると、『快適なお出かけ』のために必要なものがでてきます。

・タオル

・着替え

・おむつ替えセット

・ミルクの用意もしくは授乳ケープなど

・赤ちゃんの気を紛らわすおもちゃ

・抱っこひも

・防寒着(冬)や冷え防止のタオル(夏)など

 

出先でないと困るので、大きなカバンにそれらを詰めて持っていくことになります。

それでも、気晴らしに出かけたり、お買い物に出かけたり、気軽におでかけできるように、お出かけバッグと必要そうな小物をまとめて置ける場所があるといいですよ。

2.掃除・ほこり対策


この頃少しは、赤ちゃんとの生活にも慣れてきたころですが、夜の授乳がありゆっくり寝られない時期です。
しかし、これから先赤ちゃんの活動が少しずつ活発になるので、余裕がでてきて体の調子も良ければ、次のハイハイに少しずつ備えていきましょう。


赤ちゃんがハイハイし始めると、お部屋の掃除をこまめにしていく必要がでてきます。

私の頃はルンバがなかったか持っていなかったので、掃除機をまめにかけていました。
今、自宅でルンバを使っていると、ほこりが無いように見えているところでも、結構ほこりがあるのだと気づかされます。

きっと、バタバタ動いているときに、空気中に飛んで行っているのでしょう。

ルンバは上手く使えば、強い味方になります。

しかし、ルンバが動きやすいスペースを確保しないと、「あまり使えない…」となります。

ルンバでなくても、家具の配置をシンプルにすると、掃除機をかけやすいです。

掃除をしやすい環境づくりを進めましょう。

 

ポイントは、「配線」

配線を、すっきりまとめると掃除のしやすい環境になります。

配線はなるべく見えないように隠す方が、今後の赤ちゃんの生活を考えると安全です。

空気清浄器、加湿器、携帯の充電場所を見直しましょう。

配線を避けながら、掃除機をかけなくてもいい状況がつくれると、掃除しやすいです。

 

「ラグ」については、空気中に舞うほこりを抑えるというメリットと、掃除機をまめにないといけないというデメリットがあります。ラグについて詳しくまとめた記事がありますので、詳細はこちらをご覧ください。

3・小さなものをしまう


赤ちゃんは手が届くもの、口に入れようとします。
口に入れて、ものについて学習しているようなのですが・・・

そしてハイハイで動く範囲が広くなると、とれるものも増えます。

クリップなどが落ちていないか、一度じっくり、床の隅々までチェックしましょう。

ホウ酸団子も危険です。この際捨てましょう。

 

このころは、少し高い位置にものを置いておけば届かないので、ついつい置いてしまうのですが、すぐに次の段階(つかまり立ち)がやってきます。細々したもの、壊されたくないもの、割れたり危険なものは、扉の中にしまったり、別の場所に移動したり、少しずつものを整理していくと良いかと思います。

つづく。



www.racrea.com Blog Feed

犬・猫と楽しく住めるお部屋づくり 川崎市のアパート編 (土, 09 12月 2017)
武蔵新庄の犬猫アパートが、もうすぐ完成です。こちらの物件では、内装、外装、設備などの商品提案仕様決め、インテリアコーディネートをさせていただきました。 以前の提案のブログ   お施主様は、この建物を建てられる工務店さんです。川崎市の菊池組様です。 会社の周年事業として、犬や猫と楽しく暮らせるアパートをつくられました。 当初は、女性向けに考えていたので、明るく優しい雰囲気になるよう内装と外部の素材を決めました。 犬猫と住めるアパートのアイコンとして、今回玄関のモニュメントを提案。 写真は、アイアンの職人さんにイメージ図をもとにつくっていただいた作品です。 外に雨ざらしになること、お施主様から南欧風の雰囲気を出されたいということから、アイアンにこだわりました。 特に本物の猫がいるように、立体でつくってもらえる方を探しました。 探すのに時間がかかったのは、お客様のイメージに合うもので、床のタイルや壁と色のバランスが良いものを探すことです。時間はかかりましたが、とても素敵な雰囲気になりました。
玄関の工夫は、玄関ドアと廊下と部屋へのドアに、通気出来るようになっている事。 玄関ドアは、ドアを閉めたままドアについている小さな窓を開けることができます。 部屋へのドアにも、ガラリがついていて換気ができます。ペットの匂いが気になる時、空気を入れ替える事ができます。 さらに、猫ちゃんが勝手に部屋を出ないよう、引き戸にし、さらに鍵がかけられるようにしました。 猫ちゃんが現ドアを開けた時に、飛び出していかないようにするための工夫です。飛び出していったら、事故にあうかもしれません。行方が分からなくなるかもしれません。飼い主のため、ペットの安全のためにと、お施主様の思いが形になりました。 玄関には、フックも用意しました。 お散歩道具や、コートなども掛けられます。

2、3階のお部屋には、キャットウォークがあります。 間取りによって少し違いますが、お部屋をぐるりと1周できるようにしています。 白い棚はIKEAの棚。棚を階段にして、キャットウォークに上がれるようになっています。 猫ちゃんが実際に歩いている姿を見たいなと思いました。 お部屋の中にも、ペットと暮らすための工夫がいっぱいです。 例えば、コンセントはおしっこがかからないように高さを上げています。 腰壁風の耐久性のあるクロスは、引っ掻きなどへの配慮です。 上と下でクロスを分ける事で、貼り直しが必要な場合も対応しやすいようにしました。
猫トイレは、洗面所にあります。(間取りによっては別のプランもあります) 犬や猫ちゃんは、ペット用のドアからトイレの場所に入れます。 賃貸ということから、防水、汚れにくい、手入れしやすいように板金屋さんに、空間にぴったりのトレイを作ってもらいました。その上には、ペット用品や、化粧品、ストックを置ける棚があります。
実際に猫ちゃんを飼われている方のお話を伺いながら、計画できたので随所に色々な工夫がされています。 その一つが、洋服にペットの匂いがつかないよう、服のクローゼットを別に作っている事です。 この中にもフックがついています。アクセサリーなど掛けるのに便利です。 他の間取りもご紹介できればと思います。
>> 続きを読む

JAPANTEX2017でクイズに参加しました (火, 21 11月 2017)
国内外のインテリアや建材が集まる見本市があります。 国際展示場で行われるJAPANTEX です。 毎年、商品知識のブラッシュアップに行きますが、今回は、ステージのクイズに参加する機会がありました。 今所属している、一般社団法人日本インテリアコーディネーター協会のメンバーとして参加しました。 インテリアコーディネーターの先輩方と一緒に、インテリアに関係するクイズに答えました。 そして、一緒にチームを組んだ方のサポートのおかげで、優勝! 景品の素敵なシャンパンを頂き、嬉しかったです。 もちろん、しっかり情報収集もしてきました。 各ブース趣向を凝らしているので、今後の提案に使えそうなディテールもチェックしました。 今は、IFFTというライフスタイルの展示会が開催されています。インテリアの商品展示も充実しているので、これから見に行きます。
>> 続きを読む

赤ちゃんが泣かない「赤ちゃん木育広場」、木とふれて遊べる、東京おもちゃ美術館 (月, 06 11月 2017)
先日、日本インテリアコーディネーター協会主催の「赤ちゃんからはじめる生涯木育」のセミナーをうけに、東京おもちゃ美術館に行ってきました。 東京おもちゃ美術館には、赤ちゃん木育ひろばがあります。 ここの床には30mmの杉の板が使われています。 他の赤ちゃん広場とくらべて、ここにくると赤ちゃんが泣かないそうです。 その他にもパパの滞在時間が長くなる、ママが携帯をしないでこどもの写真を熱心にとるという違いがあったそうです。
実際にお部屋にいってみると、床の杉板がやわらかい感触でとても居心地が良かったです。 その他天井が高く感じないような工夫がされていたり、赤ちゃんをもつ親に人気の場所だそうです。 この東京おもちゃ美術館を運営している、NPO法人芸術と遊び創造協会は、無印のこどもスペースを手伝われたそうです。無印の子どもスペースは、東急田園都市線のたまプラーザ駅の無印にもありますが、仕切りや中のものも木が使われています。 東京おもちゃ美術館の多田館長さんのお話から、赤ちゃんサロンに杉の無垢の床材をつかって分かったことは、 温かい、やわらかい、木目が天然のデザインとなっていて、子ども達の遊び場に最適だということ。そして、2年に1回サンダーをかけることで、見た目だけでなくかおりも新品のようになることから、持続性のあるすばらしい素材だと感じたそうです。
東京おもちゃ美術館の見学もしました。 ここでは、木を使ったおもちゃが展示されています。 実際に遊べる場所もあり、小さな子ども達にはぜひ体験してもらいたい場所だと感じました。 シンプルだけと夢中になれるおもちゃが見つかると思います。 「食育」はなじみがあると思いますが、「木育」という言葉はどうでしょうか? 最初私自身も中身が良くわかりませんでした。 「木育」は、「子どもをはじめとするすべての人びとが、木とふれあい、木に学び、木と生きる」こと学ぶ活動。 環境を守ったり、木の文化を伝え、暮らしに木を取入れ、子どもの心を豊かにすることが目的です。   そして今日本には、ちょうど切るタイミングを迎えた木が多くあります。 ある一定の年数を超えた木は、二酸化炭素の吸収が悪くなるそうです。 そのことから、木を切り、植え、循環させること、永く使えるものに木を使うことが日本にとって大事になってきます。   東京おもちゃ美術館は、こども達が「木と触れあいながら、木の良さを感じる場所」です。 楽しみながら、日本にある木について考えてみてはどうでしょうか? もっと木育を知りたい方は、木育ラボ→こちら   東京おもちゃ美術館 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」2番出口より  http://goodtoy.org/ttm/index.html
>> 続きを読む