· 

整理収納アドバイザーが教える、キャンプ用品のしまい方‐3

賃貸住宅でもキャンプを楽しむための、キャンプ用品のしまい方

前回は、キッチン関係の小物の収納について書きました。

今回は、ランタン、ペグ、チェアなどの収納についてお伝えします。

ランタンは、ガスボンベ式のものを使っています。(私は使えませんが)ランタンのガスとランタン本体は、一緒のボックスに収納。

 そして、ハンマーやペグを収納しているものもいれています。土がついていることもあるので、食器や調理器具と分けています。



ランタン、チェアの収納場所


分けたボックスは、押し入れの中に入れています。

置き場所に押し入れを選んだ理由は、ガスボンベがあるので、

安定した場所がいい

火の気から遠い方が安心 と考えたからです。

 

押し入れの奥側は、取り出しもしにくいので、使う頻度が少ないキャンプ用品の置き場にはもってこい。

ランタンとペグを収納した箱の上に、場所をとる椅子を置いています。

今の部屋は1階なので、押し入れの中の下の段は、湿気も気になります。

椅子にカビが生えていたらいやなので、箱の後ろに湿気取りを2個置いています。


寝袋の収納場所



そして、寝袋。

本当は、寝袋を収納するとき、キャンプ場に持っていく巻いた状態ではなく、袋からだしてふんわり置いた方が中の羽毛のためには良いです。しかし場所をとるので、私は袋にしまったままで保管しています。

子ども用の寝袋は、洗いやすいものにしたので、特にかさばります。

 

寝袋は湿気やほこりから遠ざけたいので、私は、バンカーズボックスに入れています。

ウォークインクローゼットの棚の上など、高い位置に置くことで、カビが発生しにくいようにしています。

箱の中に入れることで、積み上げることができ、効率よくおけます。また、取り出しやすいです。

ひとつ心配なのは、地震の際に落ちてくること。

箱の角に当たったら痛いだろうけれど、中身は軽いので許容の範囲としています。

 

これで、大物のキャンプ用品の収納は終わりです。

あと、ちょっとした小物について、次回お伝えしたいと思います。

 

以前の記事

キャンプ用品のしまい方ー1

キャンプ用品のしまい方ー2

 

キャンプの持ち物リストこちらからダウンロードできます。

 

キャンプ用品を車に載せる セレナの場合も好評です。




www.racrea.com Blog Feed

犬・猫と楽しく住めるお部屋づくり 川崎市のアパート編 (土, 09 12月 2017)
>> 続きを読む

JAPANTEX2017でクイズに参加しました (火, 21 11月 2017)
>> 続きを読む

赤ちゃんが泣かない「赤ちゃん木育広場」、木とふれて遊べる、東京おもちゃ美術館 (月, 06 11月 2017)
>> 続きを読む