【備える住まい】何よりも確認しておきたい家族との連帯

住まい,片付け,相談,横浜
防災

もしものとき、家族とどのような行動をとるか、

連絡方法など決めていますか?

 

もし子供が一人お留守番をしているときどのように行動するか、

子供と話をしたことがあるでしょうか?

 

大人だと携帯でなんとか連絡をとれるかもしれません。

もし、子供が一人お留守番をしているときに地震がくるかもしれません。

もしかすると外出先かもしれません。

その時のために、子供とどうするか?を話しておくことが大事です。


たとえば、

どのような状況の場合は、避難場所に行くのか、それとも家族を待つのか。

そのとき、何を持っていくのか

子供には具体的に、

地震で揺れて、そんなに揺れていないときは家で待ってて、この電話番号に連絡して

強く揺れて食器が壊れたりしたら、避難場所の小学校へ、この避難袋のリュックを持ってそこで待ってて

避難場所に避難するときは、ここにメモを残しておいて

など伝えておくことが大切です。

 

また、知り合いのご近所さんに助けを求めるなど、近隣の知り合いの方にお願いしておくこともひとつの方法です。

 

そして、避難袋をどこに置いているか、場所を教えておきましょう。

もちろん、避難袋は、子供が持っていきやすい場所、わかりやすい場所に置いておきましょう。

 

いつ、どんなときに地震が起こるかわかりません。
なので、もし・・・だったら、このときはどうする?と家族で話す時間や実際にシュミレーションしてみるのもいいかもしれません。