【備える住まい】もしもの時のために用意して置くものの場所が大事

今現在、自宅に何日分の備蓄を用意されていますか?
横浜市のHP(こちら)では、最低3日分を用意しましょうとなっています。

 また、農林水産省の新型インフルエンザに備えたときの防災備蓄として2週間分の食料を準備する内容となっています。(こちら)

(2016年10月修正)

2週間分は、ある程度収納場所を必要とします。

また家族の年齢によっても、必要なものが変わります。 


その時の被害状況にもよりますが、たとえば首都圏に大きな被害が出た場合

避難所に避難する人の人数は多くなり

避難所の備蓄が足らない

被害範囲が広く道路の復旧にも時間と人手が足りない

避難生活をする人数が多いくなる

物資がいきわたらない などの状況が想像できます。

 

以前の東日本大震災でも、都心部の被害は少なかったのですが、スーパーから物がなくなる事態がおこりました。

もし首都圏に大きな被害がでた場合は、さらにものがいきわたらない状態が長く続きそうです。

もし、みんなが備蓄を十分にすれば、少しでも緩和されるかもしれません。

 

さて、備蓄を増やす必要がありそうですが、実行するまでにいくつかの大きな壁があります。

まず第一に費用の問題です。
1週間分の備蓄の食品類を準備するために、毎月の食費とは別に費用がかかります。

 

次に備蓄品の購入です。

「何」を「どのぐらい」用意する必要があるのか?考えないといけません。

食べ物の好みもありますし、家族構成も異なります。

栄養のバランスも考慮し、メニューを検討し、購入する量を見積もりする必要があります。

メニューを考えるのは面倒・・・という場合は、ベターホームのHPで紹介している1週間分のメニュー(こちら)が参考になります。これをベースに自分の家族にあったメニューと量を検討すると少し楽ですね。

 

また仙台市のHP(こちら)の地震防災アドバイザー室でもすすめているのが、循環備蓄

普段の食事に使うものを、少し多めに購入し置いておき、それを消費しながら、また購入する方法です。

お米を一袋余分に買っておく、それならできそうですよね。

 

最後に場所の問題。

たとえば水、1人1日3Lが目安と言われています。1週間分の備蓄量を見積もると、

大人2人、子供2人の場合、3L×4人として1日当たり12L。

それを1週間分12L×7日=84L。2Lのペットボトル42本程度と計算できます。

6本入り1箱とすると、7箱分です。

 

水だけも場所の確保が難しそうですが、それに加えて食事の分のスペースとなると、収納場所の準備も必要です。

特に食品は循環させるために、ある程度取り出しやすく、管理しやすい場所(忘れない場所)に置いておく必要があります。

そうしないと、あることをすっかり忘れてた、期限が切れていた・・・という事態になりかねません。

 

結論として、1週間分の備蓄を置くには、それなりのスペースが必要です。
一気に「えいや」と買い物をすると、置き場所に困ることになりそうな場合は、まずは今買い置きしているものプラス1、2多めに買い足すことからはじめるのはどうでしょう。

 

そして少しずつ物の量、場所を整理しながら、収納場所を確保し、場所を確保できたら備蓄量を増やすのことをおすすめします。


 

《まとめ》

 

・備蓄量の見直しの進め方は、 現在の量を確認→今後の備蓄量を検討→置く場所の検討

 

・備蓄量を増やすには、設置場所の確保も必要。(意外と場所をとります)

 

・もし場所が確保できなければ、まず現在あるスペースをまず利用して増やす。

 そして整理をしつつ、置ける場所が確保できたら、徐々に増やすのがおすすめ。

 




www.racrea.com Blog Feed

いぬ・ねこアパートのCGパースです。 (火, 04 7月 2017)
>> 続きを読む

家電収納と家電の変化 (月, 22 5月 2017)
>> 続きを読む

海を感じるインテリア インテリア訪問アドバイス (日, 21 5月 2017)
>> 続きを読む